« 庭の植物 | トップページ | 無駄話<我がふるさと5> »

2008年1月 4日 (金)

ウォーキングコースの植物

 イヌホウズキ
P1010094

 今頃普通なら十二月はじめにアップしたように黒く熟した実がなっている時季なのに、木陰でもう四五回も降りた霜にもやられずに花と蕾をいっぱいつけていました。花言葉は「真実」と「嘘つき」の相反する二説があるそうです。ナス科だけに茎の色や葉は茄子そっくりです。実は下の写真のようになります。実も小さい(1センチ)けれど茄子に似ています。花市場では黒真珠という名で扱われているそうです。

Inuhouzukil3

システム英単語Basic (駿台受験シリーズ) Book システム英単語Basic (駿台受験シリーズ)

著者:霜 康司,刀祢 雅彦
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 庭の植物 | トップページ | 無駄話<我がふるさと5> »

「山野草」カテゴリの記事

コメント

茄子そっくりのイヌホウズキ可愛いい実をつけるんですね。
まさに黒真珠と言う感じですね。観賞用に売られてるんでしょうか?

一月二日の紅白の葉牡丹見事ですね、私ところも栽培してましたが虫にやられて穴だらけになりました、イヌホウズキの花言葉「真実」と「嘘つき」とゆうのも面白いですね。人間の世界でも表で真実、裏で嘘つき多いですね。

吉ちゃんさん、私も写真で見るまで気付かなかったのですが、茄子そっくりでしょう、生花市場で切り花で扱っているところもあるそうです。

山ちゃんさん、葉牡丹は虫にとってはキャベツと同じでしょうよく虫に齧られます。
真実と思っていたものの偽装があまりにも多すぎます、総てに不信感を持って終いそうです。

<イヌホウズキ>
それをナスと言ってしまうことは
嘘ではないし
ナスでないと言ってしまうのも
真実ではない

*因みに、イヌホウズキの花言葉は、
<真実と嘘>だそうですね。

海tonさん、真実と嘘は紙の表裏のようなものかも知れません、間に愛や慈悲がある嘘は許されるばかりか尊い嘘もありますが、昨年次々とあったような欲が絡んだ嘘偽りは許せません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭の植物 | トップページ | 無駄話<我がふるさと5> »