« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »

2008年1月 5日 (土)

無駄話<我がふるさと5>

 我がふるさとの高野町石道、60町石矢立で国道高野山道路を横断して町石道に入り上り坂をしばらく行くと、やがて55町石に「袈裟懸石」があります、弘法大師が袈裟を懸けたと言われこの石から高野山の清浄結界になるそうです。54町石の先には「押上石」、大師のお母さんが結界を乗り越え入山しようとした時、激しい雷雨が火の雨となって降り、大師は大石を持ち上げてお母さんをかくまったと言われています。「押上石」の下をくぐり抜けると長生きできるそうで、抜けられるくらいならメタポでないので長生きできるのも理に適っているかもしれません。50町石辺りを過ぎると高野山域に入るからか樹林の雰囲気が変わり杉や高野槙の大木が目にかかります。
40町石で再び高野山道路に出ます。横断して少し登ると東屋の休憩所があり、すぐに下ってまた車道に下り少し路肩を歩いてまた町石道に入ります。27町石には鏡石があります。昔、12本の角の生えた娘が泣き暮らしていました、空海が通りがかり「12人の子供を産みなさい、一人生むごとに1本づつ角が消えます」と言い、その姿を映して見た鏡石だそうです。

 袈裟懸石
Kesagake55isi_2


















             押上石
Kesagakeisi_2


















 東屋
Kyuukeisyo

















             鏡石
Kagamiisi















 

12町石からは最後の急坂です、登りきると目の前が大門、車道を横断すれば6町石、大門両脇の仁王様が迎えてくれます。大門をくぐって高野山内に入るのですが、今は車道が大門の外右側から山内に入ります。ここからは伽藍まで後6町道路沿いの町石をたどりながら高野山のメインストリートを歩いて向かいます。伽藍手前左側の柵の中に1町石いよいよ180町踏破して壇上伽藍、杉木立の中に朱塗りの大塔が見えて来ます。伽藍には大塔をはじめ数々の美しい堂塔があり、すぐ近くには国宝21点重文140点をはじめ3万点近い美芸術品や文化財を収蔵した霊宝館もあり周遊すれば半日は飽きることはないと思います。
 伽藍から弘法大師廟奥の院への石畳の参道入り口の一の橋まで約2キロ寺院と土産物店が立ち並ぶメインストリートが続き、参道に入れば皇室、公家、大名をはじめ20万基以上の墓石と樹齢千年以上の杉木立の中をまた約2キロ歩いて36町石に奥の院があります。これで町石道は慈尊院から壇上伽藍が180町、壇上伽藍から奥の院が36町、全行程約25キロとなります。全行程無事踏破を感謝して奥の院にお参りしたところで世界遺産高野町石道の話は観光案内のようになりましたがこれで終わりにさせて頂きます。

 大門
Daimon



















             メインストリート
Sannnai




















 大塔
11040420n41244e53446_17_2



















                東塔
Kouyasann109_2



































 西塔
Kouyasann110_2
































                  六角経蔵
11040420n41244e53446_10_2



















 奥の院参道風景
Syugyousou_3



















             奥の院(これより先撮影禁止)
Gobyou_2           

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

kazutyanさんの故郷の味のある説明ゆっくり読ませていただきました。さすが世界遺産高野町石堂には歴史が刻まれているんですね。弘法大師の袈裟がけ石や押上石などのなかには樹齢千年以上の杉木立など高野山のメインストリートに出てくるまでの散策は味わいのある所ですね。歴史は奥深いですね。

吉ちゃんさん、「無駄話」読んで頂き有難うございます、私は地元に住みながら今まで余り関心を持たずに来ましたが、見つめなおしてみるとやはり世界遺産になるだけのことがあるのだと感動しています。町石道は遺産のごく一部であり、私の住むところからは離れていますが熊野古道などもっと悠大な史跡もありますので、よく調べてまた紹介させていただきたいと思っています。

こんばんわ。

世界遺産とか、僕なんかその凄さが、たぶん分かってはいないと
思うんですよ。ヾ(・ε・`)~☆

でも、kazutyanさんの記事を読むと、自分の目で見てみてみたいなぁ~
なんて思います。(⌒∇⌒)

百聞は一見にしかず、ですもんね。(゚▽^*)ニパッ

それでは、失礼しマース ^^/

園蜩さん、私も「遠くの神様は有難い」の諺のように、近くに住みながらあまり関心がなかったのですが他所から多くの人がくるのを見て見直したようなことです。でもやっぱり外国の世界遺産はすごいように思い行って見たいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »