« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 無駄話<お国言葉> »

2008年1月 9日 (水)

庭に咲く花

 シンビジューム
P1010111

P1010112

シンビジュームは数知れぬほど花の種類がありますが、この花は耐寒性もあり栽培しやすいです、四月頃から屋外の半日陰で育てて11月少し寒さに会わせて花芽が出来始めてから室内に入れ、花芽が伸び咲き始めたら七分咲きくらいからは玄関のような暖房のないところに置くと一ヶ月以上持ちます。鉢が詰まってきたら花の後四月に株分けします。

システム英単語Basic (駿台受験シリーズ) Book システム英単語Basic (駿台受験シリーズ)

著者:霜 康司,刀祢 雅彦
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 無駄話<お国言葉> »

花つくり」カテゴリの記事

コメント

3年前に花が咲いているシンビジュームを買ってきてからその後は一度も花を咲かせることがありません。寒くなってからは室内に入れたりしていますが根元の所には白い粉のような虫? か病気のような状態になっています。どうしたら花を咲かせることが出来るでしょうか?教えてくれませんか。

吉ちゃんさん、私も教えるほどのことは知らないのですが、2年に一度は株分けして株の回りに余裕があるように植えて、夏の間は風すきのよい半日陰に置いて洋蘭用の固形肥料(油粕と骨粉を固めたもの)を株回りに10個くらい月一回施しています。潅水は週一回たっぷりとし、11月になって花芽が出始めたら室内に入れ10日に一回くらい鉢ごと温水浴をさせていますと花芽がどんどん伸びて正月には咲き始めます。花の咲く時季は同じシンビジュームの仲間でもいろいろあるようです。

素晴らしいですね。ステキな花を見せていただきました。
高級な花には、あまり縁がなくて、よそで見せてもらうばかりです。
冬は室内でこんな花を楽しむのがいちばんですね。

ばらーどさん、このシンビジュームは洋蘭のうちでは耐寒性もあり一番手間要らずに咲かせられるのです。そして株分けすれば簡単に増やすこともできます。ばらーどさんも一鉢試してみられてはどうでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 無駄話<お国言葉> »

最近のトラックバック