« ウォーキングコースの植物 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

2008年1月17日 (木)

庭に咲く花

 スイセン
P1010122

 株分け植え替えして余って捨てたものに花が咲いていました、でも捨てられたことへの恨みの花ではなさそうで、自由を得て喜んでいるようでした。

システム英単語Basic (駿台受験シリーズ) Book システム英単語Basic (駿台受験シリーズ)

著者:霜 康司,刀祢 雅彦
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

花つくり」カテゴリの記事

コメント

水仙。
うちの方でも、あちこちに咲いております。
「捨てたのは人の勝手、咲いたのは花の勝手。
花が立派になって、取り戻したくなるのも人ですね」

一句、詠みました。

『一月や捨てた水仙が栄える』
(海ton)

株分けして、余って野に捨てた水仙が、
実は、本家の水仙よりも栄えたというのです。
<kazutyanさんの、ブログより>

・・よくあるお話として、
神社に、お賽銭の代わりとして、
宝くじを収めたら、それが一等賞を取って、
奪還すべく裁判沙汰になった。

・・兄弟に求婚され、有望な兄を
選んだら、弟の方が羽振りが良くなった。
(これは、裁判出来ず)

『釣り落とした魚は大きい』
これを、悪く思えば、落胆し。
良く思えば、夢がある。
兎角この世は、心次第。

こんばんわ~

スイセンは、中国名『水仙』を音読みしただけなんですね。

「仙人は、天にあるを天仙、地にあるを地仙、水にあるを水仙」

・・・と、中国の古典にあるそうなので、水辺で咲く姿を仙人に
見立てたのでしょうね。
そう考えると、ちょっと神秘的です。(u_u*

だけど、学名のNarcissusの方が有名でしょうか。(゚∇^*) ニパッ
ギリシャ神話に登場する美少年ナルキッソスに由来するんですよね。
水に映った自分の姿に恋をして、死んでしまい死後、水仙になったと・・・

『ナルシスト』の語源でもありますね。(*ノ∀ノ)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E4%BB%99

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%BD%E3%82%B9

それでは、失礼しマース。^^/

水仙の花が咲いているんですね。私の庭の隅に水仙の苗を植えてありますがまだ花が咲くような大きさになっていません。黄色い花ですが今年も咲くかな。 水仙が咲き始めるともうじき春の訪れになりますね。 春が待ち遠しいです。

海tonさん、捨てた水仙植えたのより早く咲き始めて勝ち誇っているようです。水仙から広がるいろいろな面白い話有難う、賽銭の話どう決着がついたのでしょう。

吉ちゃんさん、スイセンは痩せ地のほうが早く多く花をつけるようです、肥沃な土に植えたり肥料をあげると葉ばかり茂って球根は太りますが花が咲かないようです。

園蜩さん、水仙の名は中国古典によるものでしたか、ナルキッソスの話は聞いたことがありましたが、どちらにしても神秘的で上品な花ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

最近のトラックバック