« 家庭菜園 | トップページ | 庭に咲く花 »

2008年1月31日 (木)

無駄話<最高峰>

            我が家から望む最高峰金剛山
P1010146_4 

 最高峰と言ってもエベレストでも富士山でもありません、我が家から見える山の最高峰金剛山のことです。金剛山は奈良県御所市と大阪府千早赤坂村の境界に位置する標高1125米の山ですが和歌山県の我が家から望めるのです。山の名だけでは近辺にしか知られていないと思いますが、金剛山は鎌倉時代から南北朝時代にかけて活躍した武将楠木正成の千早城、上赤坂城、下赤坂城の城跡があり、麓の千早赤坂村には生誕地や菩提寺である観心寺などがあります。楠木正成は1294年千早赤坂村で生まれ1331年、後醍醐天皇の皇子護良親王とあわせて鎌倉幕府に対抗して兵を挙げたのが下赤坂城で、その後1333年には千早城に100日間篭城し鎌倉勢を釘付けにしている間に新田義貞が鎌倉を攻めて滅ぼしました。

 金剛山はまた登山者数の多いことでも知られておりその数は富士山と争うほどです。と言うのも立地条件がよく数多くある登山道のどの登山口へも電車、バス、車道が通じ、また登山道が階段道あり、地道あり舗装道あり、沢登り状の道あり、距離も最短4Kから遠くは15Kとバラエティーに富んでおり、脚力に合わせて片道はロープウエイを利用することも出来るなど初心者から健脚者まで誰にでも合う登山が出来るのです。

 それからこの山には、他の山ではあまり聞かない登山回数を記録し競い合う制度が出来ており、会員になると登山するごとに山頂事務所で回数スタンプ を押して貰い登山回数百回毎に毎年5月3日に表彰式があるのです。今では1万回を越えた人も居るようです。1万回と言えば毎日登山しても27年以上もかかることになります。この制度の始めの頃は1日に複数回でも捺印して貰えたそうですが今は1日1回と決められているそうです。近くの人は出勤前とか帰宅後とかにも登り回数を稼いでいるようです。といっても最短道でも登山口から山頂まで急坂が往復で7K余りあるのですから大したことです。

 私は会員にはなっていませんがちょっと数えられない回数登っています。登山道が違えばまた季節が変われば趣が変わり何回登っても飽きることのない山なのです、今の時季は運がよければ素晴らしい樹氷が見れるのです(写真は2年ほど前のものです)。広い平野の街に住んでおればなんでもない景色かも知れませんが我がふるさとは谷間の村でありながら我が家からはこの金剛山が見えることはどうにか広い世界とつながっているのだと安心できるのです。

 金剛山頂
Kongouzan711

 金剛山の樹氷
P30203ja
P1060248

システム英単語Basic (駿台受験シリーズ) Book システム英単語Basic (駿台受験シリーズ)

著者:霜 康司,刀祢 雅彦
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 家庭菜園 | トップページ | 庭に咲く花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

金剛山の画像が出ると大阪の船場の問屋さんで
商売の修行していた時のことを思い出します、
私の先輩にあたる人が初芝いて金剛山の冬山に
つれて行ってくれ画像にあるような冬の景色
眺めたことがありました、頂上を登り詰て見る景色は
なんともいえませんでした。

近くにこんな素晴らしい山が見られるんですね。
相撲でも金剛山と言う力士が前にいた様な気がしますがこの山は信仰の山なんでしょうか。歴史上の人物である楠木正成の千早城の戦いの話が出てきて、昔読んだ事を思い出しました。
この金剛山の登山回数の記録し合う制度面白いですね。
東京近在の山ではこんな制度はありません。記録作りを目標に楽しみながら散策している人も多いことでしょう。
今の季節は金剛山は積雪もあり樹氷も見られるんですね。
15キロも歩くとかなりきついですね。

『傍に名峰ありて東壁に題す』
(海ton)

「香炉峰下 新たに山居を卜し
  草堂初めて成り 偶たまたま東壁に題す」
            (白居易)

目の前に、名峰があると、
励みが出ますね。
登山回数により表彰されるとか、

『ご褒美が欲しくて登る雪の汗』
(海ton)

しかし、「年寄りの冷や水」
にならない所が、kazutyanさんらしいです。
(あっ、kazutyanさんは、お若いですがw)

山ちゃんさん、金剛山の樹氷を見られたことがあるのですか、共通の感動を持たれた方がいるのは嬉しいです。私は四国の山は全然知らないので行って見たいです。祖谷渓谷も行きたいです。

吉ちゃんさん、この山は修験者の修行の山なんです、今でも白装束で法螺貝を持った修験者のグループと出会います。登山回数の記録の制度は全国でも珍しいと思います。
15キロというのは一番遠い和歌山県からの登山道でここから登ったときは帰りはロープウエイで下ります。

海tonさん、そうなんですよ若いときは独行登山もしましたが、今は子供や家内から年寄りの冷や水だと厳しく禁じられて、山の遭難報道などがある度に駄目を押されなかなか自由がきかないのです。

関西の山は優しい形をしているように思います。雪がきれいですね。私のところでも山に囲まれていますが、山の向こうもやっぱり山なんだろうな~と思ってしまいます。広い世界とつながっているのだと安心できるkazutyanさんは、ポジティブなお考えをもたれていると思いました。

ばらーどさん、関西にはあまり高い山はないので優しく見えるのでしょう、私のところのように狭い谷間に住んでいると少し見える遠い山に望みを継がないと息が詰まるのですよ、回りは山でももう少し空の広い所にあこがれます。

おはようございます♪
うわーすごい~霧氷は見たことありますが樹氷はないです
山に登った人だけが見れるご褒美でしょうか
雪山は寒そうですね 足が凍りそう
でも樹氷が見れるなら金剛山登りたい
(体力が問題。。)

エフさん、樹氷きれいでしょう、この山は割合簡単に登れるのですよ、それぞれの脚力にあった登山道が幾通りもありますし、ロープウェイでも頂上近くまで登れるのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 家庭菜園 | トップページ | 庭に咲く花 »