« ウォーキングコースの植物 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

2008年9月14日 (日)

庭に咲く花

 エンゼルトランペット
130_080912
131_080912

 ナス科エンゼルトランペット、暖かいところでは冬を越して大木になっていくようですが、我が家では一年草です。毒性があるので嫌う人もあります。花粉が目に入ると失明するなんて話もありますが、同類のチョウセンアサガオから華岡青洲が作った麻酔薬「通仙散」で妻が失明した話から来ているようです。花を普通に観賞するぶんには問題ないと思います。


前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 前置詞がわかれば英語がわかる 前置詞がわかれば英語がわかる
販売元:TSUTAYA online
TSUTAYA onlineで詳細を確認する

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

花つくり」カテゴリの記事

コメント

大きくて見ごたえがありますね。私もよく見かけますが、クリーム色は珍しいと思いました。遠慮しないで上を向いて咲けばいいのに、と思うのは私だけでしょうか。下向きに咲かなくてはいけない理由がありそうですね^^ 

ばらーどさん、エンゼルトランペットはいい名前を付けて貰いながら、大きすぎるとか毒を持っているとか言われるので遠慮しているのでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

最近のトラックバック