« 庭に咲く花 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

2008年10月14日 (火)

無駄話<秋祭り>

 昨日(体育の日)は村の氏神厳島神社の秋祭りでした。氏子世帯250戸余りの氏神であり、昔は秋祭りは10月26日でしたが戦後は地域の統一で10月15日に変わり、その後行事に参加するのに休日でないと都合が悪いということで体育の日になったのです。昔は行事としては流鏑馬などもあり古式豊かな格式あるお祭りでしたが、だんだんと伝統を引き継ぐ者がいなくなり、近年は簡略化され今は戎のお渡り、子供神輿、持ち投げなどだけになり、それも若者も子供も少なくなってしまって継承が難しくなり、子供神輿は今年で終わりということで、地域外に住む子や孫を呼び戻して挙行され先ず先ず盛大に終わりましたが、来年からは笛太鼓の音もしない静かな侘しい祭りになりそうです。

 特別天然記念物の大銀杏のある古沢厳島神社
B0007833_17232361
P2005050061 

 子供神輿
Dsc00025
Dsc00034_2
Dsc00019_2
 子供が少なく大人神輿になってしまいました。

 戎のお渡り
Dsc00026
 鯛を担いでいます
Dsc00027
 戎の跳ぶ瞬間
122_1012 
Dsc00030
 戎さんの扮装でお渡りして来て、社殿の前で先跳びと一緒に戎跳びします、云われを伝える人はもういません。


餅投げ
Dsc00037
Dsc00038
 大人と子供別の場所で撒きます。

« 庭に咲く花 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
由緒ある賑やかそうなお祭ですね
立派な髭の人はどんな方なのでしょうか
日本中どこも少子化。
いろんなことが簡略化されて伝承されないのは
寂しいことです


エフさん、「由緒ある祭りでした」と過去のことになりました。戎さんに扮するのは4地区回り持ちで氏子の若者から人選されますが、昔は名誉に思われたことを今は嫌がる者ばかりです。後何年続けられるか風前の灯です。

こんばんわ! 伝統あるお祭りも少子化社会になって子供神輿も寂しいことになっているのも今の社会を反映しているようで残念ですね。又高齢化により昔から伝えられた継承できずもったいない限りです。今頃は何処も五穀豊穣を感謝してのお祭りが地方では行われていますが、何処も同じような悩みを持っていることでしょうね。

吉ちゃんさん、子供が居るのは15戸に1戸というような小子化社会、このままいけば祭りどころか集落そのものが消えていきそうです。地方にも仕事があって住みやすく子供を生みやすく育てやすい社会にしなければ、地方の崩壊はやがて国の滅亡にもつながると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭に咲く花 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »