« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 家庭菜園 »

2008年11月15日 (土)

無駄話<ハイキング>

 昨日のこと、2.3日ハイキング日和の快晴が続くので日常のウォーキングだけでは物足りなくなり相棒に提案同意即決、ちょっと足を伸ばして高野町石道(全長21キロ)のほぼ中間点の86町石の笠木峠から高野山伽藍まで歩きました。町石道に入る笠木峠までは毎日のコースを過ぎて、平家落人の里ともいわれる現在は十数軒しか残っていない胸突き八丁の傾斜地の笠木部落を通り抜けさらに杉林の中を登り3.5キロを約1時間半かかり少し汗ばみました。途中振り返ると大阪・奈良県境の金剛山が山麓までくっきりと見えました。金剛山は我が家からも見えるのですが中腹以上だけなのです。

 笠木から金剛山を望む(標高1125M)向こう側大阪府手前奈良県
P1020324

 町石道に入るとよく踏み慣らされた尾根道のゆるいアップダウンの道が続きます。まだ紅葉が残る樹林のトンネルを3キロ行くと国道と交差する矢立です。平日なのに国道を横断するのが難しいほど高野山への車が続きます。ここも過疎の矢立の集落を抜け樹林に入ります、袈裟掛石や押上石を通りまた国道と交差します。国道を横断して少し登ると小高い尾根に37町石の休憩所があります、ここで丁度11時半弁当の時間です、今朝相棒が慌てて作った弁当の美味いこと、料理の美味さか食べる場所の環境のよさか、ここは無難に両方の相乗効果ということにします。
 
ここで一組のこれもサンデー毎日(意味分かりますかな)らしい夫婦が追いついてきまして弁当を開きました。私らはちょっと先に立ちましたが途中で追い抜かれました、悔しながら我々とは少しは齢の差があるようでした。鏡石を通り大門下の急登を登り詰めると7町石、突然の感じで朱色の大門が現れます、午後1時半です、自宅から12キロ半を休憩を含めて8時の出発から5時間半でした。因みに1町は100m余です。

 大門横の名残紅葉と落ち葉の二人
P1020325

 少し休憩の後山内伽藍まで残る7町を歩きます。山内の紅葉はもう期待できないと思ってきましたがまだまだ場所によっては見頃といえるくらいでした、そのかわり車と人の多いこと、いいポイントで写真を撮ることも適いませんでした。伽藍を抜けて本山金剛峰寺前を通り高野山中央の千手院橋の銘菓「みろく石}本舗で土産を買いお茶をよばれた後、バス・ケーブルカー・電車を乗り継いで4時前帰宅しました。久しぶり充実感のある一日でした。

 伽藍付近の紅葉
P1020327

 本山金剛峰寺前から伽藍に向かう蛇腹道(カレンダーにも使われる)
P1020331

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 家庭菜園 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

健康的な一日でしたね。同意即決、おいしいお弁当、本当にすばらしい奥さまですね。おふたりの写真も素敵です。写真は日頃からたくさん撮られていることと思いますが、記念の一枚となられたことでしょう。これからもいろいろなところに行かれてくださいね。

ばらーどさん有難うございます、私達夫婦は歩くことについてはよく気が合うのですよ、何もかもというわけではないのです。アップした写真は年齢不詳になるように撮りました。

こんばんは♪
サンデー毎日ににかっとしました
気の合うおふたりの年齢不詳ぶり・・・
何歳か全然わかりませーーん♪
紅葉が美しい中の楽しいハイキング
同じ楽しみがあるっていいですね

エフさん、サンデー毎日分って貰えましたか、
 私達夫婦は可笑しいくらい性格が反対、よくこれでウン十年夫婦で居れたと思うくらいですが、凹凸が上手く噛み合っているのでしょうか、ウォーキングだけはよく気が合います。
 年齢はサンデー毎日になって長く、もう開き直るほかない年齢です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 家庭菜園 »