« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »

2008年12月16日 (火)

無駄話<牛>

 来る年は丑年だから牛の話というのではないのですが、今年は米国産牛肉のBSE問題や産地偽装牛肉など疑惑が重なり牛肉を食べるのもちょっと躊躇する感がありましたが、歳末となるとお歳暮で貰ったり忘年会・新年会など、普段のオーストラリア産をはじめとする廉価な牛肉と違って、国産牛肉や国産和牛肉を食べる機会も多くなります。

 といっても正月だからちょっと奮発していい肉を食べたいと思っても高級国産和牛肉の代表松阪牛などには高価でなかなか手がでません。しかしこの頃は○○牛とご当地名をつけた割合廉価な国産牛肉が出回るようになりました。ここで国産牛肉とか和牛肉の定義を確認してみたいと思います。現代国産牛肉といって販売されている牛肉のすべてが和牛肉、国産牛肉=和牛肉ということではないのです。

 和牛というのは日本在来の牛と外来種を交配、肉牛として品種改良を重ねた4種類の肉牛のことを言います。和牛という言葉から日本国産の牛のことを指すと思うかもしれませんが、牛の品種をあらわした言葉なので国産牛という意味ではありません。和牛には普通、一般庶民にはちょっと簡単に手が届かないような値段がつけられています。和牛の値段が高いのには、食用の肉になるまで普通のものよりも多くの時間を要すること、飼育に手間がかかるため、大量生産が難しいことなどが挙げられます。

和牛と呼ばれる4種類は次の通りです。

 黒毛和種
Point481

 あか毛和種
Point491

 無角和種
Point501

 日本短角種
Point511

 現在、日本国内で飼育されている和牛は170万頭くらいいるそうですがそのなかで95%くらいが黒毛和種だそうです。和牛以外で国産牛と呼ばれているのは、乳牛として誕生したが適さない牛や、雄牛を去勢して食用に適するように飼育したものが国産牛と呼ばれています。和牛・国産牛の定義を知って牛肉をたべるとまた味わいが違ってくるかもしれません。

     「だれかに教えたくなる雑学700」より
     http://www.gyunikuland.com/syu/syu-wagyu.html より




システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する




« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »