« 庭に咲く花 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

2008年12月18日 (木)

無駄話<白バイの色>

 白バイの色は白に決まっているじゃないかと思われるでしょうが、そうじゃなかったと聞いたのです。

 一日から警察は歳末特別警戒に入り、昨今酔っ払い運転、ひき逃げなどの事件頻発の折、厳しい交通取締りに活躍しているのが白バイですが、その白バイが始まったのはいつからで、色は始めから白だったのか調べてみました。

 格好いい白バイ
Img_35761

 警視庁や各地の警察にオートバイが配備されたのは大正7年(1918年)でしたが、当時は色は白でなく、ボディーからハンドルまで真っ赤に塗られており、そのため赤バイと呼ばれていたそうです。

 大正年間は車の数も少なく塗装も多くは黒く塗られていたため赤バイは目立って、スピード違反や交通規制に大きな効果があったそうです。しかし、赤い塗装は消防車と同じのため消防署の使用車と間違われることがあり、昭和11年(1936年)になって赤から白に変更されたそうです。この白バイは戦後もそのまま踏襲されて72年の歴史を持つようになったのです。オートバイメーカーは警察の白バイとの混同を避けるため白い塗装のオートバイは生産していないそうです。

 白バイの定義は、日本の警察が主に交通取締業務に使用する、業務執行に必要な各種装備を取り付けた白塗りのオートバイの呼称で、正式には交通取締用自動二輪車と称し、装備・規格は警察庁で規定している。主に大型自動二輪車が用いられるということです。

         「だれかに教えたくなる雑学700」より



システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 庭に咲く花 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

マラソンなどの先導をしている白バイは
とっても格好がいいなぁ~と思います。

それが、赤だったら・・・
ちょっと想像できないですね~

『白バイの色』のお話・・・
またひとつ 賢くなりました。


メキシカンセ-ジが咲いているんですね。

私も毎年植えていましたが、今年はやめました。
我が家では育たないようです。

よつばさがしさん、なにげなく見ている色にも、そうでなかったらと考えるとさまにならない色もありますね、
メキシカンセージ、そちらでは育たないですか、こちらも寒いところですが、よく育っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭に咲く花 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »