« 庭の植物 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

2009年1月23日 (金)

無駄話<筆跡>

 パソコン、プリンターの普及で少なくなったとはいえ、今年も水茎の跡麗しい賀状を出した人、貰った人も多いと思います。私は全く字が下手なのでワープロが売り出されてからは自筆の賀状を書いたことがありません。肉筆の文字となると先ずは見た目の流麗さですが、肉筆文字から書いた人の性格などを分析する筆跡学という専門分野もあるそうです。また犯罪捜査の方面でも重要視されているようです。

 筆跡学の面では文字の形よりは筆圧とスピードが重要だそうです。反対のような気がするのですが、文字を速く書く人は慎重で内向的な性格で、ゆっくり書く人はむしろせっかちで快活という傾向があるそうです。

 筆圧は鉛筆で書く場合平均して250グラムといわれ、強い人の場合は400グラム近くあるし、弱い人だと100グラムという場合もあるそうです。

 ドイツの心理学者、クレッチマーによると強い筆圧は心の奥底にある精神の緊張の表れで、弱い筆圧はリラックス状態を表すそうです。一定の強い筆圧で文字を書く人はまじめで神経質。筆圧が弱く、書いているうちにももっと弱くなっていく人は、社交的で快活、情熱的な躁鬱型だそうですが素人的な考えではこれも逆のような気がします。
      「だれかに教えたくなる雑学700」より

 また下記のような説もあります。

 簡単に見分けられる筆跡の特徴
<図1>①「字の型が右上がりタイプ」
<図2>②「字の型が右下がりタイプ」
<図3>③「水平の字の型タイプ
200601072359331

この型の字を書く人は、流れに対して逆らわず順応していけるタイプです。
会社やその他の集団の中でも、組織の一員として誠実に与えられた仕事に従事できる資質を持っています。

この型の字を書く人は、流れに逆らうタイプ。
世の中を冷ややかに見たり、体制に巻き込まれることを嫌う評論家や批評家に多い筆相です。へそ曲がりの傾向もあります。

この型の字を書く人は、几帳面なマス目文字を書く人によく見られますが、一般的にはノンポリ派。「どっちでもいいよ」と冷めてるタイプです。これは社会に対する関心の低さを示す特徴で、小・中学生は水平字を書く人は目立たない平凡な人が多いようです。

  http://gigusuzg.blog39.fc2.com/blog-entry-55.html より

 私のように字が下手で出来るだけ書くのを避けようとするのは、どんな性格という記述は見当たりません。



システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 庭の植物 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭の植物 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »