« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 無駄話<尾頭つき> »

2009年1月 9日 (金)

無駄話<戎さん>

 年明けてまだ正月気分が抜けきらないのに、もう今日は9日宵戎です。こちらで大きな戎神社といえば大阪南の今宮戎さんです。この戎さんの例年の参拝者数は、宵戎、十日戎、残り戎の三が日で100万人を超えるそうですが、戎さんは景気の悪いときは参拝者が増えるそうで今年は多いでしょう。

 今宮戎
Tohkaebisu_image1

 わが町九度山町では毎年正月4日から、今宮戎神社の「十日えびす」を前に、参拝客に授ける福笹の取り入れが始まります。

 寒空の中、10人くらいの人が空気のよい山間で育った10~15メートルの孟宗竹をチェーンソーで切り倒し、はさみで枝を切り取ります。 枝は農協の選果場に運び、精選して長さ1メートルに切りそろえた後、100本ずつ束ね、1500束くらい作ります。青々とした鮮度を保つためござにくるんで保管し、9日早朝神社に納めます。

 我が家もずっと以前に竹を買ってもらったことがありますが、なにぶん急がされている仕事なので、株は高く伐られ、いい枝以外の要らない部分は放っ散らかしにされるので後始末に懲りた記憶があります、後始末をしながら福が授かるかも知れないと待ちましたが甲斐はありませんでした。でもそれは了見違いだったと気づきました。戎さんにお参りして福笹を買ってこそ福を授かるかも知れませんが、私は戎さんに笹を売ったのですから、福を期待するのは虫が良すぎたのです。

 何にしてもこの不況嵐の吹き荒れるなか、100万人の人に福を願われる戎さんも頭が痛いことでしょう、早く戎さんの存在を忘れるような日が来て欲しいものです。



 刀祢雅彦/システム英単語 駿台受験シリーズ 刀祢雅彦/システム英単語 駿台受験シリーズ
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する
前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 無駄話<尾頭つき> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
この年末年始を、家も無く食べるものも無い環境に放り出された皆様は気の毒です。
会社の経営状況が悪いからと、ばっさりと切られ、でも斬られた者には、熱い血潮も暖かい家族もありますのにね。。。
皆さんが早く3食が食べれるように祈るばかりです。

以前勤務していた会社の本社が今宮戎の近くにあって始めて戎さんの行事を見たときには驚きました。“商売繁盛笹もってこい”と言う掛け声の中で福笹を買っている大勢の人の姿を見たとき私の住んでいる所ではこんな風景は見られません。
もう大阪には行く機会がありません。
大阪は商売の街と言われるの所以は福笹を買って商売の祈願をしているんでしょうね。懐かしい戎さまの光景です。

いしころとまとさん、ほんとうに派遣社員の規制緩和をした小泉さんの政策は間違いでした。会社にとってはこの上ない都合のよい制度でしょうが、人権を無視した制度です。

吉ちゃんさん、そうですか今宮戎の近くで仕事をされていたことがあるのですか、今年は不況だからか初詣の参拝者数は過去最高とのことですが、多分戎さんもそうなることでしょう。

100年に一度の不況ということで、新聞やテレビのニュ-スも暗い話題ばかりです。
身近な所でも、突然に首を言い渡されたという人が出てきました。とても悲しいことです。

困った時の神頼み・・・
今年の初詣はどこでも増えたことでしょうね。

それにしても100万人とは凄いです!!
山形の護国神社は13万人で過去最高だったそうです。。。

よつばさがしさん、経済の動きというのは怖いものですね、発端はアメリカのサブプライムローンの行き詰まり、あれだけの経済力のあるアメリカでありながら、自国内で処理できなかったのでしょうか、アメリカがクシャミをすれば日本は風邪を引くといいますが、日本は風邪どころか重い肺炎です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 無駄話<尾頭つき> »