« 無駄話<テキーラ> | トップページ | 庭に咲く花 »

2009年1月15日 (木)

無駄話<小正月>

 あれよあれよと言う間に七草・戎さんも済んで、もう今日は小正月です。さて「小正月」とか「松の内」とかいうのは何だろうと調べてみました。

 小正月とは、正月の望の日(満月の日、旧暦一月十五日)のことであるが、現在は新暦1月15日をいうのが一般的で、元日を大正月と呼ぶのに対し小正月と呼び、中国式の太陰太陽暦が導入される以前、の日を月初としていたことの名残りと考えられているそうです。なお、この小正月までが本来の松の内であり、関西地方近畿地方では現在でも1月15日の小正月までが「松の内」と呼ばれています。

 その小正月の行事といえば、神仏を迎えてお祀りする行事の多い大正月に対し、小正月は豊作祈願などの農業に関連した行事や家庭的な行事が中心となり、松の内に忙しく働いた主婦をねぎらう意味で、女正月という地方もあるそうです。

 小豆粥

Dsc_34841

 また七草粥ほど一般的ではないようですが小豆粥を炊き神仏にお供えし、五穀豊穣を祈るのも行事の一つですが、他にも地方独特の行事もいろいろあるようです。私の方では今はなくなりましたが、昔は太い杖くらいのハゼの木の棒の先を割り神社の御札を挟んだ棒で、柿の木の幹を「ならなきど、ならなきど」とかけ声をかけながら数回叩いてまわる行事がありました。「ならなきど」というのは「実がならないのなら伐るぞ」という意味だと聞かされておりました。これは棒で叩いて柿の木の甘肌を傷つけることで木の勢いを弱めて枝先の生長よりも、実を成らせる生理的効果があるそうで、無意味ではなかったそうです。



システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<テキーラ> | トップページ | 庭に咲く花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<テキーラ> | トップページ | 庭に咲く花 »