« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »

2009年1月25日 (日)

無駄話<偽札>

 どこか神社仏閣の初詣の賽銭の中から偽札が見つかったとか、雑踏の参道の屋台店で気付かずに偽札を受け取ってしまったとか、それらの偽札が地方銀行は素通りして日銀で見つかったとかいう話を聞いたことがあります。賽銭に入れるとは不埒で罰当たりなことです。


 偽札ではありません
Counter1

 ところが偽札で正当に儲ける方法があるというのです。偽札で儲けるなんていうと犯罪の匂いがするのですが、犯罪でなく正当に儲ける方法があるというのです。

 それはずばり偽札を見つけて警察に届けることなのです。もし1万円の偽札を見つけて届けると、先ず本物の1万円札に交換してもらえて、捜査に協力ということで謝礼金2千円がもらえるということで、偽の1万円が本物の1万2千円に変身、20%の利子がついたことになるのです。千円札でも謝礼金は同じだそうで、偽の1千円札が本物の3千円に、なんと3倍になるのです。

 でも偽札を作って使って重い罪に問われるより、作って届け出たほうが安全に儲かるというわけにはいかないようです。

             「だれかに教えたくなる雑学700」より



システム英単語Basic (駿台受験シリーズ) Book システム英単語Basic (駿台受験シリーズ)

著者:霜 康司,刀祢 雅彦
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »