« 庭の植物 | トップページ | 庭に咲く花 »

2009年1月12日 (月)

無駄話<アルコール度数>

 松の内はお酒を嗜まれる機会も多いと思いますが、ひとくちにお酒と言ってもその「アルコール度数」によって酔い加減も大きな差があります。お酒の弱い私など匂いを嗅いだだけでもひっくり返りそうなのもあります。

 日本酒の度数はだいたい15~18度程度、ビールは5~8度くらい、焼酎で最高は35度、ウィスキーやロシアのウオッカとなると40度くらいだそうです。
 現代日本で手に入れることができるアルコール度の高い酒はフエルトリコ産の「ロンリコ151」というお酒で、そのアルコール度は75度、ロンリコ151は度数は高いだけでなく美味いお酒だそうです。

  ウオッカ
E382b0e383ace383b3e383a2e383bce383a

 では、世界一アルコール度数の高いお酒はというと、現在はもう製造されていないそうですが、ロシアの「エストニア」という酒でなんと98度、これにくらべればウオッカは水のようなものということになります。

 現在も製造されているお酒で最もアルコール度の高いのはポーランド産の「スピリタス」というお酒で、96度だそうです。


 スピリタス
Img10553207271

Sake031


 はじめてのアルコール度数の高いお酒を飲むときは、度数を知っておいて、自分の強さに見合った酒量で楽しく酔いたいものです。盛り上がるのはいいですが、燃え上がってはいけません。


         「だれかに教えたくなる雑学700」より


システム英単語ver.2 システム英単語ver.2

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

« 庭の植物 | トップページ | 庭に咲く花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ロンリコ151なんと言う75度もある酒は飲んだことがありませんが私なんかも1杯飲んだだけで胸が焼けるようで飲めませんね。ウオッカぐらいは良く名前を聞きますがこれも最近は口にしたことがありません。
この1週間久し振りに“吉ちゃん農園”の野菜の姿を投稿していましたが、本日をもってまた冬眠に入ります。又出かけて参りますが、どうかお体に気をつけてお過ごしくださいね。いつも楽しい話題ありがとうございました。

吉ちゃんさん、日本人には強い酒といっても焼酎でしょうね、喉が焼けるような酒では味もあったものではありません、酔いもほどほどに楽しく飲めないのでは考え物です。

吉ちゃんさん、冬眠されるとは残念です、仮眠程度で起きてください、毎日様子を伺いにお訪ねします。

お久しぶりです。
お酒の話題ですね。私もお酒を飲んで、燃え上がって、気持ちをもりあげた~~い!
重圧にちょっとめげそう、
でも、がんばるぞ~~~

いしころとまとさんはお酒の力など借りなくてもいつも元気溌剌のようにお見受けしますが、お酒はお好きですか、私は飲めないので何事にも素での勝負しかできず損をしている部分も多いです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭の植物 | トップページ | 庭に咲く花 »