« 庭に咲く花 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

2009年1月 7日 (水)

無駄話(七草粥)

 年が明けたと思ったら瞬く間に日は過ぎて、今日は七草粥の日です。ご存知のように、正月七日に今年一年の無病息災を願って春の七草(セリ・ナヅナ・ゴギョウ・ハコベラ・スズナ・スズシロ)を摘み(今は摘まなくてもスーパーでセットにして売っていますが)お粥に入れて頂く日です。七草粥はご馳走を食べお酒を飲んで疲れた胃に優しく薬効もあり理に適った食べ物だと思います。

070107_41_2

 七草粥の歴史は旧く、ウィキペデイアによると、中国ではこの日には「七種菜羹」(7種類の野菜を入れた羹(あつもの)を食べて無病を祈る習慣があったそうです。

 日本でも古くから行われており、延喜式には餅粥(望粥・もちがゆ)という名称で七種粥が登場し、餅粥は毎年1月15日に行われ、粥に入れていたのは米・粟・黍(きび)・稗(ひえ)・みの・胡麻・小豆の七種の穀物だったそうで、これを食べれば邪気を払えると考えられていたそうです。

 その後、早春(旧暦の正月は現在の2月初旬)に採れる野菜を入れるようになったのですが、その種類は諸説あり、また、地方によっても異なっていたのです、現在の7種は、1362年頃に書かれた河海抄(かかいしょう、四辻善成による源氏物語の注釈書)に(セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ)の七種が初めて登場します。

6485712f9281bf73754f8b707662a08d1_2 

 江戸時代頃には武家や庶民にも定着し、幕府では公式行事として、将軍以下全ての武士が七種粥を食べる儀礼を行っていたそうです。

 七草粥もお雑煮ほどではないでしょうが、地方によって入れるものが多かったり少なかったり、特色があるようです。我が家では昔母が健在の頃はナズナだけを入れていたように思います。また小正月(1月15日)には七種ではなく小豆だけを入れた粥を炊きました、そして七草粥も小豆粥もユズリハ(譲り葉)の葉に盛って神棚や仏壇、そして注連縄の張られた場所や物全部にお供えしてから家族で食べた記憶があります。

 ユズリハ
Yuzuriha31

« 庭に咲く花 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

早い物で早七草粥、もう一週間がすぎようとしています。ユズリハはこちらでは若葉とも言います。
お正月に注連縄につけたりもします。

今日は夕食時に一杯飲んだあとに“七草粥”を食べました。酒を飲んで疲れた胃をやさしくする薬効でしょうがこれでは胃は休まりませんね。

お久しぶりです。
今日桃猫さんの薬膳教室で、七草を分けたのですが、ナズナが見つからずに、ひとしきり探したら、小さなナズナをやっと発見。
スーパーの七草のパック、鳥が食べるはこべばっかりいっぱい入ってました。

山ちゃんさん、ほんとうに今年も時間は猛スピードで過ぎていきそうです、ブレーキはかけられず、自分で充実させる外ありません。ユズリハのことところ変われば若葉と言うのですね。

吉ちゃんさん、七草粥では胃が休まりませんか、かなり飲まれたのでしょうね、胃も身の内少しいたわってあげてください。

いしころとまとさん、ナズナはまだ小さいですね、スズナ・スズシロ以外は採り集めるのが大変です。ハコベはあるところにはまとまってありますから、七草パックには多く入っているのでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭に咲く花 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »