« 庭に咲く花 | トップページ | 庭に咲く花 »

2009年3月 4日 (水)

無駄話<オスカー>

 先の見えない不況、暗いニュースばかり続く中で先月22日、はからずも題名ひらがなの日本映画「おくりびと」と「つみきのいえ」がダブルで、米映画界最大の祭典、第81回アカデミー賞を受賞したことは痛快でした。

 「おくりびと」
Apx2009022300131

 「つみきのいえ}
Apx2009022300061

 このアカデミー賞授賞式で渡されるブロンズ像がオスカーと呼ばれています。このオスカーの名付け親は、アカデミー賞を選ぶ監督や俳優が加盟しているアメリカ映画芸術科学アカデミーの図書館に勤めている女性職員だったそうです。

 オスカー像
1202283373_photo1

 彼女は、受賞者に渡されるブロンズ像を見て即座に「あら、このブロンズ像はオスカー伯父さんそっくりだわ」といったそうです。彼女の伯父さんのオスカー・ピアール氏は、テキサスの農場主で映画とはなんの関係もない人物ですが、彼女のひとことでアカデミー賞のブロンズ像はオスカーと呼ばれるようになったそうです。いかにも、アメリカの映画界らしいエピソードです。

 オスカー像にそっくりと評判の俳優もいます。「戦場にかける橋」などで知られるアレック・ギネスと「王様と私」のユル・ブリンナーだといわれています。

 アレック・ギネス 
Obiwankenobi1_2

 ユル・ブリンナー
K7709404651_2

     「だれかに教えたくなる雑学700」より




システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 庭に咲く花 | トップページ | 庭に咲く花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

オスカ-像のお話
映画好きな私にはとっても面白かったですよ。


おくりびと効果で庄内が活気づいているようです。
映画のロケ地などがテレビに映ることが多くなりましたし、閉館していた映画館が再開したようです。

不景気な話題ばかりでしたので、しばらくぶりの
明るいニュ-スがとてもうれしいです。。。

ユル・ブリンナー懐かしいですね。
昔洋画を賑わしたポールニューマンやスチーブマックイーン、
さっさといなくなっちゃって、時代の移り変わりを感じておりますが、
ユル・ブリンナー、久しぶりに「あ~~そういえばこんな素敵な俳優がいたんだった」
そんな感慨に耽っております。
私が中学校のころは「小さな恋の物語」がブームでしたよ

よつばさがしさん、面白かったと言って貰えて嬉しいです。「おくりびと」のロケ地庄内が活気づいていますか、そのうち外国人も訪れるかもしれません。たまの明るいニュースにはほっとします。

いしころとまとさん、洋画はもう何年も見ていないので、往年の俳優さん以外名前も分りません。
「小さな恋の物語」の頃中学生とはお若いです。私はもう中年の域に入っていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭に咲く花 | トップページ | 庭に咲く花 »