« 庭に咲く花 | トップページ | 庭に咲く花 »

2009年3月23日 (月)

無駄話<$>

 円高ドル安が続いていますが、それには関係のない話です。なぜ「ドル」は「$」と書くのかという話です。

 ドル紙幣
1035681_526458421_2 

 世界の基軸通貨である「ドル」の単位は最近略してSに縦棒1本で表すことが多いですが正しくは縦棒2本(弗)です。ではSは何を意味するのかといいますと、実はこのSはスペインのSなのです。

 コロンブスがアメリカ大陸に到達したときの航海の後援者はスペインの女王だったので、アメリカ大陸はスペインの植民地となりました。

 ジプラルタル海峡
Ceutaachom1_2

 そしてドル記号の2本の縦棒は、地中海と大西洋を結ぶ「ヘラクレスの柱」を意味します。「ヘラクレスの柱(Hercule's Pillars)」というのはジブラルタル海峡の東の入り口にある二つの岬(ジプラルタルのフェルセンとセウタのジャパル・ムーサ)のことで大空を支えているとされた柱のことです。つまりスペインが世界を支えているというスペイン全盛期の時代の名残だそうです。

 スペイン国旗
510spain_svg1

 このヘラクレスの柱はスペイン国旗にも描かれています。ではなぜ「ドル」と読むのかというと、当時のスペインの通貨は「ドレラ」と呼ばれており表記も同じだったそうです。それが変化しいつの間にかスペインの通貨にアメリカの通貨がとって代ってしまったのだそうです。



システム英単語ver.2 システム英単語ver.2

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 庭に咲く花 | トップページ | 庭に咲く花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭に咲く花 | トップページ | 庭に咲く花 »