« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »

2009年4月13日 (月)

無駄話<お札の原価>

 皆さん、すったもんだの定額給付金受け取りましたか、私の住む町ではやっと申請書受付が始まりました、給付金振込みは今月下旬になるらしいです。全国民に12000円を、18歳以下と65歳以上には8000円を加算して給付するということですが、これをお札で貰うとしたら原価はどれくらいと思われますか、私も考えたこともなかったのですが、雑学をひもといていて知りびっくりしました。

Wlf0903051323001p21

 日本の中央銀行で唯一のお札発行銀行である日本銀行は、その性格から政府の一機関と思ってる人は多いと思いますが、実際は日本銀行法及びその他の法令によって設立された認可法人だそうです。少し特殊ですが「会社」とも言えるのです。
 
資本金1億円、55%が政府出資で、残りの45%は民間で、出資証券は一般の市場で売買されているそうです。

Tsmeisho0831

 発券銀行ならお札を印刷するかというと違うのです。お札を見るとわかるように「財務省印刷局」が印刷した「日本銀行券」、つまり日本銀行が印刷局に注文してお札を買い取るということなのです。この価格が引き渡し価格と呼ばれお札の原価とされています。年によって違いますが、1万円札と5千円札は1枚約20~22円、千円札が約15円だそうです。

Ch0581_2

 日本の紙幣は日本銀行と国の「信用」に基づいて成り立っているわけですが、これだけの原価の紙切れが日本銀行から各銀行に流通する段階で初めてお金としての効力を持つというわけです。定額給付金も原価ではせいぜい50円前後、信用さえあればこんなぼろい商売?できるのです。



システム英単語ver.2 システム英単語ver.2

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »