« 無駄話<桜吹雪> | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

2009年4月 5日 (日)

ウォーキングコースの植物

 ヤブツバキ(藪椿)
P1020492
P1020491

 ツバキ科ヤブツバキ(藪椿)、2月はじめから咲き始めて今の状態です、山椿とも呼ばれ、メジロなどが蜜を吸いにきて受粉する鳥媒花です。



システム英単語Basic (駿台受験シリーズ) Book システム英単語Basic (駿台受験シリーズ)

著者:霜 康司,刀祢 雅彦
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<桜吹雪> | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

「山野草」カテゴリの記事

コメント

つやつやした葉が綺麗です。
花はそれ以上に見事ですが・・・

こちらでも、ポツリポツリと咲いているのを
見かけますが、葉が黒ずんでいたり、花数が少なかったりで、美しい椿はなかなか見られないんですよ。

よつばさがしさん、偶然光の具合がよかったのです。それとヤブツバキはこちらでもこれだけ花がついているのは珍しいです。

桜散っちゃったんですね。。。
椿はこちらでやっと咲き始めました。
きれいな色なんですが、あっという間に茶色に変色しちゃいます。
椿はヒヨドリがよく密を吸いにきますよね

いしころとまとさん、開花宣言以後寒くなり長持ちしていた桜も昨日の花見日和を最後に散り始めました。今年は長く楽しめました。
ヤブツバキは色が変わらぬ間にそのままでポロリと落花するので縁起が悪いとも言われますが、改良品種はきれいですが落花せずに変色するので、遅れて咲く花の美しさを台無しにします。ツバキは鳥媒花だそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<桜吹雪> | トップページ | ウォーキングコースの植物 »