« 庭に咲く花 | トップページ | 無駄話<蝶の名前> »

2009年5月23日 (土)

ウォーキングコースの植物

 ナルコユリ(鳴子百合)
P1020674
P1020675

 ユリ科ナルコユリ(鳴子百合)、花の形と付き方が鳴子に似ているから鳴子百合というのですが、今はもう鳴子を知っている人は少ないでしょう、稲穂を食べにくる鳥を驚かせて追いはらうために、田んぼの上に張った縄に、竹などで作った揺らせばカラカラと音のする鳴子を吊るしておいて、鳥がくれば揺らして追い払ったものです。



システム英単語Basic (駿台受験シリーズ) Book システム英単語Basic (駿台受験シリーズ)

著者:霜 康司,刀祢 雅彦
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 前置詞がわかれば英語がわかる 前置詞がわかれば英語がわかる
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

« 庭に咲く花 | トップページ | 無駄話<蝶の名前> »

「山野草」カテゴリの記事

コメント

鳴子ユリ、名前の由来は、「鳴子」
へ~~そうだったんですね。色々と教えてもらって楽しいですね。
みやぎには鳴子という有名な温泉があります。
鳴子温泉ももしかしたら、昔はカラカラとなる
鳴子がいっぱいあったのか?それともナルコユリがいっぱい咲いていたか、でしょうね。
我が家の庭でもナルコユリがいろんな所から
顔を出しております。

いしころとまとさん、お庭の鳴子百合は植えられたのですか、それとも自然になら珍しいです。こちらでは希少植物です。
鳴子温泉は源の義経と静御前の子供の産湯につかわれたことから「啼き子(なきこ)温泉」と呼ばれそれが転じて「鳴子温泉」になったという伝承があるそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭に咲く花 | トップページ | 無駄話<蝶の名前> »