« 庭に咲く花 | トップページ | 庭に咲く花 »

2009年6月14日 (日)

無駄話<梅雨>

 11日には東北北部まで、梅雨のない北海道を除く日本列島全域が梅雨入り、紫陽花の花が美しく見える以外は、じめじめとした不快指数の高い日が当分続きます。でも日本にこの雨期が無かったら古来からの稲作も農業も成り立たず、豊富な水資源もなくて、この島国に現代のような発展は無かったかも知れないのです。この雨期を不快と思うのは贅沢で罰当たりなことでしょう。

 梅雨の雨に濡れた紫陽花
Img_99460dd8f1_2 

 じめじめと蒸し暑いこの季節を感謝して享受することにして、なぜこの雨期を梅雨と書いて、「ツユ」と呼ぶのでしょう。

 梅雨(ばいう、つゆ。黴雨)とは、北海道と小笠原諸島を除く日本、朝鮮半島南部、中国の沿海部、台湾など、東アジアの広範囲でみられる特有の気象現象で、5月から7月にかけて毎年めぐって来る雨の多い期間のことで、雨季が訪れる土地は世界中に多くありますが、梅雨はそれほど雨足の強くない雨が長期にわたって続くのが特徴です。

 梅雨の語源としては、この時期は梅の実が熟す頃であることからという説や、この時期は湿度が高く黴(カビ)が生えやすいことから「黴雨(ばいう)」と呼ばれ、これが同じ音の「梅雨」に転じたという説、この時期は“毎”日のように雨が降るから「梅」という字が当てられたという説もあります。普段の倍、雨が降るから「倍雨」なんていうこじつけもあります。

 和歌山県南部町特産 南高梅
Ume23l1

 中国大陸部や台湾では「梅雨」(メイユー)、韓国では「장마」(チャンマ・長霖)と呼ばれ、中国では、古くは同音の霉雨(メイユー)という字が当てられており、現在ももちいられることがあるそうで、「」は「黴」のことであり、日本の「黴雨」と同じ意味であり、中国ではまた、梅が熟して黄色くなる時期の雨、という意味の「黄梅雨」(ファンメイユー)もよく用いられるそうです。

 日本で梅雨と書くのは、中国から「梅雨(ばいう)」として伝わり、江戸時代頃より「つゆ」と呼ばれるようになったそうで、「日本歳時記」には、「此の月淫雨ふるこれを梅雨(つゆ)と名づく」とあるそうです。「つゆ」と呼ばれる由来は、「露(つゆ)」からと考えられますが、梅の実が熟し潰れる時期であることから「潰ゆ(つゆ)」と関連づける説もあります。



システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 庭に咲く花 | トップページ | 庭に咲く花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちはhappy01
コメントありがとうございました!
いしころとまとさんのブログでお名前とコメントは拝見しておりました。
kazutyanさんはお花がお好きなんですねcute
紫陽花はほんと、雨が似合いますよね。
南高梅、いしころとまとさん伝授の甘露煮を
作りました。我が家には、前沢小梅と青梅が
1kgずつ控えていて、「はやくわたしたちも~」と、出番を待っています。

讃岐でも梅雨入りしていますが、快晴で31℃もあったんですよ。
昼間菜園で仕事をしてるとクラクラしました。
梅も熟れて赤くなってるのですが、少しは雨が欲しいですよ。

四国では空梅雨が続いて、早くも水不足
が心配されています、
こちらのアジサイは水がほしそうです、
「ばいう」は黴からきているとは知りませんでした。

こんにちは♪
日本の季節は春夏秋冬と梅雨
特別な季節ですね
じめじめじめじめしてるとうんざりですが
梅雨がないにも物足りないような・・・
雨が楽しくなるように長靴がほしいです

かおりんさん、早速コメント頂きありがとう、私よりも相棒が花が大好きで、もう植えるところも置く場所もないのに、次々買ったり貰ったりします。アジサイも10種類くらいあります。
南高梅、和歌山産でしょうか、お買い上げありがとうございます。

たけ47さん、こちらも梅雨入り宣言の翌日から中休みで真夏日が続いています。畠は水遣りしてもすぐに白く乾いてしまいます。早く一雨欲しいです。

山ちゃんさん、じめじめした黴雨と違って、からからに乾いて、空梅雨ですね、アジサイもぐったりしています。

エフさん、こちらも梅雨入りの翌日から中休みが続いています、季節は順序よくめぐってくれないと順応できません。咲始めたアジサイも雨を待っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭に咲く花 | トップページ | 庭に咲く花 »