« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »

2009年6月 2日 (火)

無駄話<皐月・水無月>

 不況嵐に新型インフルエンザ、あたふたと明け暮れている間に、今年もはや前半最後の月に入りました。
 6月といえば「水無月」なんて新旧暦混同して考えてしまいますが、旧暦では今日はまだ5月10日で、皐月ということになります。しかも今年は旧暦は閏年で、今月23日からもう一度閏5月が繰り返されます。

 皐月の花サツキ
Dsc_7258e38195e381a4e3818d1 

 他の難しそうな旧暦月呼称はさておき5月はサツキの花が咲く月で「皐月」か、6月は梅雨期なのに何故「水無月」というのだろうなんて単純に記憶に残っている月の呼名、「皐月」と「水無月」ですが、由来は全く違っていました。

 旧暦5月を「皐月」と呼ぶのは、耕作を意味する古語「さ」から、稲作の始まる月として「さつき」になったそうです。早苗を植える月「早苗月(さなえづき)」が略され「さつき」になったとする説もあります。「早苗」の「さ」も耕作の意味の「さ」が語源だそうです。
 漢字「皐」には、「神に捧げる稲」という意味があるため「皐月」が当てられたようです。

 旧暦6月を「水無月」と呼ぶのは、水が無い月という意味ではなく、「水無月」の「無」は、現代語では助詞の「の」に当たる詞で「水の月」という意味なのです。旧暦6月は田に水を引く月で「水の月」、「水無月」と呼ばれるようになったようです。

 季節感あふれる「みなづき」という名の和菓子。
Minaduki011

 旧暦6月は梅雨が明けた後の時季になるので、「水の無い月」とする説もあるようです。いずれにしても、新旧暦混同して季節をみるとおかしくなります。



システム英単語ver.2 システム英単語ver.2

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 前置詞がわかれば英語がわかる 前置詞がわかれば英語がわかる
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

さきほどテレビで新型インフルエンザの事を久ぶりに放映していましたが、最初の感染者は5月16日だったのですね。
まだ半月しか経っていませんが、今はほとんど話題になっていませんよね。
マスクが無いと大騒ぎしたのは、どうなったのでしょうか。
マスコミが騒ぎすぎと思いますね。

こんばんは♪
すっかりご無沙汰してしまいました
いろいろとご心配おかけしましたが
なんとかブログを再開することができました
またよろしくおつきあいお願いします

おいしそうなお菓子ですね~
緑色のみなづきに生唾ごっくんです
まだまだ食い気が先走ってます


たけ47さん、言論の自由は勿論大事なことですが、マスコミが一斉吹聴の感じで問題を過大にし、次のニュースが入れば前の結果も有耶無耶にして、話題を移していくのは無責任な報道のように思います。一旦取り上げた問題は結果まで地道に追って報道してもらいたいです。

エフさんのブログ再開、まだかまだかと毎日お訪ねしていました。再開一番にコメント頂き有難うございます。こちらこそよろしくお願いします。
食い気は大事ですよ、食い気まで無くしたら人生の終焉です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »