« ウォーキングコースの植物 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

2009年6月11日 (木)

無駄話<ルーツ>

 我が家のルーツは平家の落人という話は、祖父から聞いたことはあり、近くに落人の集落といわれるそれらしい集落もあるのですが、日本全国何処へ行っても平家の落人伝説はあるそうで、真偽のほどはわかりません。

 平家落人の里
Siiba1

 それよりもっと時代を遡ってルーツが弥生人か縄文人かが、耳垢の状態で判別できるという(耳寄りな)話があるのです。

 縄文系の直接の子孫であるアイヌの人々は湿ったタイプの耳垢(飴耳)であること、また起源を飴耳の多い東南アジアに持つことから、縄文人は飴耳だったと推定されるそうです。

 縄文遺跡(竪穴式住居)
Photo
 縄文人
Photo_2

 一方弥生人は北東アジアが起源と考えられ、寒冷地に住む北東アジア人は、耳垢は乾いたタイプの粉耳だそうです。気候が乾燥していることや、凍傷にならないよう進化の過程で粉耳になったと考えられるのです。

 弥生遺跡(縄文時代と大きな変化はありません)

Photo_3
 弥生人
Photo_4

 このことから、ルーツは飴耳なら縄文人、粉耳なら弥生人と考えられるということです。本州全体では粉耳の弥生系が84%を占めるのですが、東西でその比率は違って、関東では縄文系30%弥生系70%で、関西では縄文系10%、弥生系90%と、西日本にいくほど、弥生系の遺伝子が濃い傾向だそうです。北海道と沖縄では縄文系の比率が高いそうです。
 貴方は縄文系?弥生系?、私はハーフらしく左が飴耳、右が粉耳です。



システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

kazuchanは、ハーフだから、ローマ字のお名前なんですね。
以前、ちろっと拝見したお顔。もしかしたらロシア人とのハーフ?
それとも・・・
ニューハーフ?~ヽ('ー`)ノ~

ところで、
アブチロン、思い出の花なんですね。
アブチロンが可愛い赤い靴に見えてきました。
スイカズラもありましたね。これが咲くと家の周りが香りでいっぱい。焼酎漬けもできるそうですよ。私は鉢植えですので、あとで場所を見つけて地植えにできたらしたいな、と思っております。

いしころとまとさん、そうですかロシヤ系に見えましたか、それでは以後私は弥生人とロシヤ人のハーフと言うことにします。
アブチロンは地植えにして出きるだけ切り込まないで育てるとよく花が咲きます。
スイカズラのこと漢字で「吸葛」と書きましたが、「忍冬」とも書くのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »