« 庭に咲く花 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

2009年6月23日 (火)

無駄<どんぶり勘定>

 自民党政府が無理やり通した09年補正予算、アニメの殿堂に117億円投入など定額給付金に始まったバラマキ予算、この不景気で国民窮乏の時期に、将来の消費税値上げや借金を残すことには触れずに、血税をまさに「どんぶり勘定」で使おうとしているようです。

Img_1224577_57757815_01

 6月12日 09補正予算案国会通過
Im20090513as3s1300u13052009131

 いいかげんな金の使い方、手元にある金にまかせて、大雑把に収支をつけることを「どんぶり勘定」といいますが、語源はどうなのでしょう。どんぶりは漢字では「丼」、イメージするのは、天丼、牛丼。ご飯を盛る器と金の使い方にどういう関係があるのでしょう。茶碗より大きい器なので大まかな収支という意味に転じたのでしょうか。

8a7a0e738afb9dcaa229fd4f550f4a3f1 Ch000041

 丼という単語にはいくつか意味があり、陶器の大きな器はもちろん、厚紙を芯にして更紗や緞子などで包んだ大きな袋のこともいうそうですが、これは今は死語になったようです。また職人さんがしていた前に大きなポケットのある腹掛けのことも丼と呼ぶのだそうです。この腹掛けはお腹が冷えるのを防ぐほか、煙草や小物、小銭などを入れるのに重宝していた、現代のウエストポーチのようなものだったのです。

4f517a161

 職人さん達がその腹掛けの中を財布代わりにして、お金を無造作に出し入れしていたことから「どんぶり勘定」という言葉の語源になったなったようです。



システム英単語ver.2 システム英単語ver.2

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 庭に咲く花 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はっきり云って呆れてしまいます、テレビなんか
のインタビューで何か問題があると政治家が必ず言います、国民の為とか国民に申し訳ないとか、
口先としか思えてなりません。自分の都合だけで
大臣を更迭したり、国民のことは何も考えてなく
自分の事だけ考えています。

山ちゃんさん、本当に現内閣の閣僚が何を言っているのを聞いても、メモを読んでいるだけ、責任ある発言をしているように思えるのは、更迭された鳩山前総務大臣と、舛添厚生労働大臣くらいです、国民のことを考えてなんて空々しい限りです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭に咲く花 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »