« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »

2009年7月10日 (金)

無駄話<マイウェー>

 「ウォーキングコースの植物」で紹介している山野草も、今は春からの花は終り、秋の花までの端境期で、ネタがなかなか見つかりません。
 そこで今日は私の毎日歩いているマイウェー、「ウォーキングコース」について話してみたいと思います。

 起点上古沢駅
P1020845

 この道は南海電鉄高野線の小さな駅が起点で、5年前世界遺産に登録された高野山旧参詣道である「高野町石道」と合流する道であり、ハイキング道として若いカップルや異国のハイカーも通ります。私の家は駅前なので、その起点から合流点までの約半分ののところ、国道の横断地点まで2キロ足らずを往復、約50分歩きます。

 起点付近
P1020836

 途中からの村の風景、洒落た三角屋根はドライブイン
P1020827

 この行程の殆どは杉林や雑木林の中で、真夏でも早朝に歩けば汗も出ないくらい涼しく、冬は風の吹く日も吹き込まない林の中は暖かく、森林浴をしながらウォーキングを楽しめば、心身ともにリフレッシュできます。

 ここから山に入ります
P1020826
P1020856 

 滝もあります
P1020818
P1020858

毎日おなじ道を歩いても、鳥の声や川の音を聞きながら、左右上下に目をやり野草の花や実を探しながら歩けば飽きることはないのです。我が家に親戚や知人が訪ねてくれたときも、この歩く楽しさを体験して貰うのもおもてなしとして、一緒に歩き喜ばれます、次回訪ねてくれたときは先方から歩きたいと催促されるくらいです。

P1020859

 折り返し点 左はこれでも国道370号(高野山道路)

P1020838

 マイウェー「ウォーキングコースは毎日繰り返し歩いても飽きず楽しいものですが、人生のマイウェーは行く先も距離も分らず、道標もなく、戻ることも出直しも出来ない、ただひたすら歩く他ない厳しい道です。

システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わぁ~、素敵なコースを歩いているのですね。
滝を毎日眺められるのも羨ましい。
お客様のおもてなしに一歩き、、
というのもしゃれています♪

可惜夜さん、コメント有難う、毎日のウォーキングコースとしては申し分ない道なのです。最初はもう少し延長距離があればと思ったものですが、だんだん丁度よく、そのうち長すぎるようになってくると思います。

たくさんの話題はこの道から生まれるのですね。
どの写真を見ても、本来のふるさとのよさが
感じられます。とても素晴らしい自然に囲まれた
所にお住まいになられているのですね。毎日
長時間歩くなんて、とても健脚です。ますます
健康的になれますね。これからも、この場所から
たくさんの写真を撮り、ブログに載せてください。

ばらーどさん、若いときは田舎の故郷を嫌がり、都会にあこがれたものですが、齢を重ねるにつれだんだんと田舎のよさも分ってきて、健康を保てるのも田舎に住めばこそと思うようになりました。今は1日街に出るだけで都会の喧騒には耐えられず疲れます。

おはようございます♪
上古沢駅、可愛い駅ですね
山に囲まれたちいさな町、昔話の里みたいです
50分の散歩道毎日発見がありそうです
なにもないけどなにかある
日本のふるさとですね~

エフさん、ほんとに小さな駅ですが、駅員さんは居ます、ハイカーの乗降があるからです。
ウォーキングコースでの発見は、今の時季は変化の端境期で少ないです。でも目を凝らせば何もないようで何かあるものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »