« 庭に咲く花 | トップページ | 無駄話<マイウェー> »

2009年7月 9日 (木)

ウォーキングコースの植物

 ヤマビワ(山枇杷)
P1020820
P1020821

 バラ科ヤマビワ(山枇杷)、呼名は正しいかどうか分りませんが、野生の枇杷です。とても甘いのですが、種を果皮が包んでいるだけで、ほとんど果肉がありません。烏も果樹園の実の大きな枇杷を狙って来ますが、この野生枇杷には目もくれないようです。


システム英単語Basic (駿台受験シリーズ) Book システム英単語Basic (駿台受験シリーズ)

著者:霜 康司,刀祢 雅彦
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 庭に咲く花 | トップページ | 無駄話<マイウェー> »

「山野草」カテゴリの記事

コメント

山枇杷、けっこうそちらにはなっているんでしょうか?
果肉、普通の枇杷も割と少ないですが、それ以上
となると、ほんとに極少ですね。
でも、甘いとは・・・一度食べてみたいものです。
枇杷、昔から咳止めにいいと言われていますので、今、是非食べたい果物です(笑)ゴホンゴホン

かおりんさん、そうですよく目につきますが、山歩き中、喉が渇いても果汁なんてほとんどなくて、喉を湿すこともできません。

野生の枇杷がただ立っているだけでは、もったいないような
気がしましたが、食べられるところがほとんどないのですか。
残念~! いろいろなものを見ながらウォーキングされて、
とても健康的ですね。

ばらーどさん、沢山なって色づいているのを見ると、つい摘んで食べてみるのですが、やはり食べ甲斐がありません。同じ道を毎日歩いても日々何かは変わっていて飽きないものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭に咲く花 | トップページ | 無駄話<マイウェー> »