« 庭に咲く花 | トップページ | 庭に咲く花 »

2009年7月16日 (木)

無駄話<盆>

 こちら関西では8月ですが、地域によってはこの7月の今「盆」の行事をされている方も居られるでしょうが、お盆といえば13日には迎え火を焚いてご先祖の仏様の霊をお迎えして、野菜や果物やお膳をお供えして2泊3日間お祀りし、15日には仏様が迷わずあの世に帰れるよう送り火を焚いて送り出すのが一般的行事のようです。

 迎え火
021

 故郷に帰省して、精霊流し、花火大会や盆踊りなど、生き仏の楽しみ行事もこの「盆」の期間に行われます。ではなぜこれを「盆」というのでしょう。

 精霊流し
Tenkawa51

 これはインド、サンスクリット語の「ウランバナ」という言葉から「盂蘭盆(ウラボン)」となり、略して「盆」になったそうです。
 
「ウランバナ」というのは「逆さに吊るされたような苦しみ」という意味で、お盆の行事には、この故人の苦痛を救うために行う供養という意味があるそうです。

 施餓鬼
080814_img021

 仏教の言い伝えによると、お釈迦様の十大弟子の一人、日蓮尊者の、餓鬼地獄に落ちた母親をお釈迦様が助け出すことができたのが、旧暦7月15日といわれ、この救いの供養(施餓鬼)をすることを盂蘭盆会と言い、これがお盆の行事の始まりのようです。


システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 庭に咲く花 | トップページ | 庭に咲く花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

母の実家に住んでいたころは、
お盆には決まって迎え火と送り火を
焚いたものです。
お盆の始まりはそういうことだったんですね。
そんな苦しみを少しでも和らげることができるのなら、きちんと残していきたい行事ですね。

かおりんさん、今の核家族時代、こういう行事の伝承はなかなか難しくなってきています。先祖の供養ということは、自分の心の安らぎにもなるのですが、それが分るのはかなり齢をくってからになります。

うちの主人も長男なので、いずれはやることなんですよね~。
お盆になると、義母の家に家族が集まって、15日には海に送りに行ってます~。

cocoさん、兄弟の義務・権利は平等といっても、やはり長男はなにかと大変です、ついては奥さんもです。お義母さんにずっと元気で居てほしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭に咲く花 | トップページ | 庭に咲く花 »