« 無駄話<アリとキリギリス> | トップページ | 庭に咲く花 »

2009年7月20日 (月)

庭に咲く花

 センニチコウ(千日紅)
P1020852
P1020853

 ヒユ科センニチコウ(千日紅)、思わず摘んで口に入れたくなるような形と色です。
日数を名前に持つ花は、千日紅は千日草とも呼ばれ、百日紅は(サルスベリ)、百日草(ヒャクニチソウ)、日々草(ニチニチソウ)などがあります。皆花期が長いからそう呼ばれるのでしょう。



システム英単語basic システム英単語basic

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<アリとキリギリス> | トップページ | 庭に咲く花 »

花つくり」カテゴリの記事

コメント

真っ赤な千日紅、きれいですね。いちご畑みたいです。
夏に咲くものはあまり種を蒔きませんでしたが、
千日紅は長く楽しめるので、蒔いてみました。私のは、
ピンク色の短いものですが、kazutyanさんのはたくさん
咲いて見ごたえがありますね。

おいしそ〜!
ほんとに食べたくなりますね(笑)
真っ赤なかわいい千日紅、長く咲いててくれるなんていいですね。
それにしても「ヒユ科」初めて聞きました!

ばらーどさん、これは宿根で毎年出て咲きます。種も出来るのでしょうが、種から生えたようではありません。

かおりんさん、見ると、「きれい!」より先に「おいしそう!」が出そうでしょう。
ヒユ科とは鶏頭や葉鶏頭の仲間なんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<アリとキリギリス> | トップページ | 庭に咲く花 »

最近のトラックバック