« 無駄話<七夕> | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

2009年7月 8日 (水)

庭に咲く花

 ザクロ(柘榴)
P1020805
P1020806

 ザクロ科ザクロ(柘榴)、花の数は多いですが、実を結ぶのは100個に1個もないくらいです。
 
果実のしぼり汁で磨くと湯気でも鏡が曇らないといわれ、風呂の鏡を磨くために用いたことから、風呂への入り口を柘榴口といい、屈み入ると鏡鋳る(鏡を磨くこと)とを掛けたものともいう話もあります。



システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<七夕> | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

花つくり」カテゴリの記事

コメント

ザクロ見たことありませんが
真っ赤に熟してぱくっと口を開けるイメージがあります。
七夕で有名な仙台でも
今七夕飾りづくりの老舗が海外向け、国内向け仙台七夕祭り向けに、一生懸命に七夕飾りを作っております。
モナルダ、夏らしいですね。
タイマツつけて、夏の祭りという感じでしょうか?

いしころとまとさんが見たことないものもありますか、ザクロの実が熟れて割れると、ルビーのような粒々がいっぱい詰まっていて、絵心のある人なら絵に描きたくなるし、食べれば甘酸っぱさがなんともいえない美味しさです。
そちらは七夕飾りは本場ですから、見事なものでしょう。

ざくろって、赤い花なんですね~。
その昔、さくろジュースってので、ざくろを知りましたが・・。
健康にいいらしい飲み物系でしたよね~。

cocoさん、そういえば健康サプリメントにザクロの成分入りがあったような気がします。品種によるのかも知れませんが、咲く花の数にくらべて実は極端に少なく、ジュース製品に加工すればかなり高価になるでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<七夕> | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

最近のトラックバック