« 庭に咲く花 | トップページ | 庭に咲く花 »

2009年8月 3日 (月)

無駄話<弱冠>

 ゴルフ界では少年石川遼君のように、若くしてその道で域に達した者を称える言葉に「弱冠何才で・・・」という言葉があります。弱い冠とは意味することと反する気がします。気になるので暇つぶしに調べてみました。

Ryou1

 「彼はまだ弱冠17歳です」などという表現をを聞くことがあります。しかし、もともと「弱冠」というのは中国では男子20歳の異称であって、成人に達したことを言ったそうです。

 古代中国では、男子20歳を「弱」と言い、元服を表す冠を被せたことを「弱冠」と言ったそうですが、その後年齢が若いことを「弱冠」と表現するようになったそうです。

00t_dsc7592cs31

 オバマ大統領の就任演説は格調高いとの評価でしたが、その就任演説の原稿を書いたのは弱冠27歳の若者であったと報道されました。

 その若者、Jon Favreau(27歳)は大統領の心が読めると、オバマ自身が言っているそうで、ホワイトハウスの記録にあるかぎり、彼は最年少の大統領スピーチライターだと言われています。


20speech600_1

 しかし、27歳という年齢からすれば、その優秀さはさておいて、本来の意味での「弱冠」と言うのはビミョーです。何にしても、弱冠を過ぎ不惑を過ぎ余生となった今、若さは妬ましいです。


システム英単語Basic (駿台受験シリーズ) Book システム英単語Basic (駿台受験シリーズ)

著者:霜 康司,刀祢 雅彦
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 庭に咲く花 | トップページ | 庭に咲く花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

スピーチライターという存在があるのすら
わかりませんでした。
オバマ氏が書いた演説内容ではないのですね。
それにしても,kazutyanは普通ならさらっと流してしまうことも、流さずにあれっ?っと疑問を感じて、一つの話題に仕上げる。
素晴らしい感性の持ち主ですね。
たぶん頭の中は「弱冠、18才」
だと思います!!

いしころとまとさん、日本の首相や大臣たちにもスピーチライターが居るようですし、芸能人の自伝などもゴーストライターが書いているようです。
私は自分にブログの毎日投稿というプレッシャーをかけて、題材を探しているだけで、若い感性どころか、老化を見抜かれないように必死です。

老化を見抜かれないように、なんて
ご謙遜を!
老化が進んだ方は疑問に思いませんし、
ブログを毎日投稿しようなどとは思いません!

私もスピーチライターは知りませんでした。
でも、考えてみればそうですよね、ゴーストライターという存在があるんですもの。
それにしても、27歳で大抜擢!すごいですね。
今のアメリカに若い感性がマッチしたのか、
27歳のジョン氏の精神年齢が高かったのか…
いずれにせよ、その脳みそを若干分けて頂きたい。あ、じゃっかん違い、でした~

かおりんさんはまだ弱冠エイジだから想像もつかないでしょうが、アンチエイジングはなかなか努力が要るんです。どんなに頑張っても若干若く見えるくらいなのに、もう止めて齢のままになろうかと思うときもあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭に咲く花 | トップページ | 庭に咲く花 »