« 無駄話<地デジ> | トップページ | 庭に咲く花 »

2009年8月 7日 (金)

ウォーキングコースの植物

 ノカンゾウ(野萱草)
P1020837
Nokanzou41

 ユリ科ノカンゾウ(野萱草)、以前は群生しているところがあり、こちらではアマナと呼んで、母が春に一度は若芽を摘んで湯がいてワケギのように酢味噌和えにして食べると、ワケギと同じ味がしたような記憶があります。



システム英単語ver.2 システム英単語ver.2

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<地デジ> | トップページ | 庭に咲く花 »

「山野草」カテゴリの記事

コメント

若芽がワケギと同じ味なんですか…

というか、私が見たら
「あら?ユリかしら?」と思ってしまいそう…(*_*)
こちらで花の勉強させて頂いてます。

かおりんさん、ユリに近い仲間ですから花はユリと同じです、またネギ類もユリ科ですからワケギの味に似ているのも不思議ではないのです。

これは山野に咲くゆりかと思っていました。
この球根は食べれるのでしょうか?
ユリ根で食べれる百合の区別がつきません。

たけ47さん、これは野草でユリの仲間ですが、食用ユリ根のような球根ではなくて、地下茎のような根で固くて食べられませんが、春に出る若芽は湯がいて酢味噌和えなどにすれば美味しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<地デジ> | トップページ | 庭に咲く花 »