« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »

2009年8月15日 (土)

無駄話<たーまやー>

 夏の風物といえば花火、線香花火から尺玉までそれなりの比べられないおもむきの美しさがあるものです。花火大会の一番多い時期といえば8月だと思いますが、儚く消える花火大会の費用は寄付でまかなわれるところが殆どなのに、今年は不景気の影響でその寄付が集まらず中止のところも多いとか、私のところの近辺ではもう済みましたが、今月1日の大阪PL教本部の花火大会と今日の「紀ノ川祭り」の花火大会が有名で、幸い今年も中止にならず開催されます。子供の小さい頃は毎年行ったものですが、今は夜出かけるのが億劫になり家で音を聞くだけです。

 紀ノ川祭り
20070817_3480621

 「たーまやー」、「かーぎやー」と言う掛け声、これは打ち上げ花火に対する掛け声だということは落語か時代劇かで聞いて知ってはいましたが、皆さんは花火大会に行ってこの掛け声を聞いたことがありますか、私は聞いたことがないのです。何故だろうと思っていたら、この掛け声の始まりは江戸時代、江戸隅田川、両国の花火大会だそうで、今はもう昔語りとなってしまったようです。

 両国花火の浮世絵
Img_1650325_41642471_01_2

 花火の製造、販売業者の団体である日本煙火協会によると、江戸時代、夏の行事として賑わっていた両国の花火大会は、鍵屋と玉屋という2大宗家花火師が中心になり、その技を競っていたそうです。玉屋というのは鍵屋の暖簾分けで、日本の花火の歴史は、この両者を抜きには語れないそうです。

 両国橋の上流に玉屋、下流に鍵屋それぞれ舟を出し2大宗家花火師の競演が繰り広げられたそうです。交互に自分の店の花火が上がるたびに花火師たちは、「たーまやー」、「かーぎやー」と声を掛け、観客も共によいほうにはより大きく掛け声をしたのが由来だそうです。

 PL花火大会
Trd0808012153029p11

 競演の勝負の結果はと言うと、玉屋の人気は本家鍵屋を凌いだそうで、当時の浮世絵の画題になったのは玉屋だったそうです。ところが玉屋は失火により全焼、町並みも類焼させ、江戸を追放になり一代限りで断絶し、玉屋と鍵屋のの競演は32年で終ったのですが、鍵屋は今も(株)宗家花火鍵屋として健在、女性の15代目が創業350年もの歴史を更新中だそうです。



システム英単語ver.2 システム英単語ver.2

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 刀祢雅彦/前置詞がわかれば英語がわかる 刀祢雅彦/前置詞がわかれば英語がわかる
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する







« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大阪富田林のPLの花火は余りにも有名ですね、
一度見てみたいものです。たまたま昨日吉野川
の鮎釣りの帰りに途中で花火大会の準備している
花火師方に逢い喋っていると、やはり不景気で予算が少なくとか中止もあるとかです。
自民でも民主でもいい早く景気をよくしてくれと
言いたいです。

山ちゃんさん、PLの花火、私は昨年始めて、ちょっと遠いのですが、息子の家から見ました。やはり桁違いでした。
選挙前はどの党もいいこと尽くめを言うので信じられません、自民党は今まで与党でありながら、出来なかったことをいまさらやるというのも眉唾です。

PLハナビ大会の写真とっても素敵ですね。
見ている人の熱狂が伝わってくるようです。
昨夜、家の近くの中学校のお祭りで
花火を久しぶりに見ました。
始まって、あっという間に終わってしまう花火でしたが、それでも、
やっぱり花火はいいな~~とつくづく思いました。
丁度明日、子どもたちに花火を買ってあげる約束しております。

いしころとまとさん、花火は華麗で儚いものだからかも知れないけれど、いつ見ても何回見ても大きい花火も小さい花火もそれなりに感動がありますね、花火と共にだから残る思い出もあります。

PL花火大会の写真、すごいですね!
豪華絢爛とはまさにこのことですね!
今、マンションのベランダで花火を
見終わったところです。
たーまやーとかーぎやーを家族で叫びました(笑)

かおりんさん、PLの花火は日本一とも世界一とも言われ、打ち上げ数2万発、玉数10~12万個と言われています。集まる人出は30万人、当日午後からは周辺は人も車も動きが取れません。これはPL花火芸術と呼ばれ、娯楽ではなくてPL教の宗教行事だそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »