« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 無駄話<出と入り> »

2009年9月16日 (水)

庭の植物

 ナツメ(棗)
P1020983
P1020985

 クロウメモドキ科ナツメ(棗)、植えて10年以上経ちますが、今年ほど沢山実をつけたのは初めてです。リンゴに似た味と歯ざわりの実は、滋養強壮、炎症緩和、利尿などの薬効もあるそうです。この木は春、芽が出るのが遅く、他の木の芽が出揃う頃はまだ枯れ木のようであり、夏に芽が出るので「夏芽」と呼ぶという説もあります。
 また茶道で使う抹茶の容器は、この実の形に似ているので(「棗」なつめ)と呼ぶそうです。


システム英単語Basic (駿台受験シリーズ) Book システム英単語Basic (駿台受験シリーズ)

著者:霜 康司,刀祢 雅彦
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 前置詞がわかれば英語がわかる 前置詞がわかれば英語がわかる
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 無駄話<出と入り> »

実づくり」カテゴリの記事

コメント

抹茶の容器、あれは棗というんですか!
ドライのナツメをいつも食べてます。おいしいですよね♪

かおりんさん、私はドライのナツメは食べたことはないですが、生のナツメもリンゴのような歯触りで甘くて美味しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 無駄話<出と入り> »

最近のトラックバック