« 庭の植物 | トップページ | 野菜の花 »

2009年9月17日 (木)

無駄話<出と入り>

 日の長さについて「冬至十日経ちゃ阿呆も知る」 という諺がありますが、夏至から3ヶ月近く過ぎて、めっきり日が短くなったのが私にもよくわかります。我が家の辺りでは日の出、日の入りともに、夏至にくらべて1時間は違います。山地では地平線が近くて目線より高いので余計に日の出は遅く、日の入りは早くなります。

 山地の日の出
Images6

 日常、漠然と言っている「日の出、日の入り」ですが、新聞の片隅に「今日の日の出・日の入り時刻」として分単位まで出ている「日の出・日の入り」というのは、どの瞬間の時刻なのでしょうか。

 山地の日の入り
Iju_1203_0011

 実は太陽の「ヘリ」が地平線にかかった瞬間のことをいうそうです
。つまり、日の出とは太陽のヘリが地平線に顔を覗かせた瞬間、日の入りとは太陽の上のヘリが地平線に沈んで、太陽がまったく見えなくなった瞬間を言うそうです。

 これから類推して、月の出、月の入りも同じように決められているのだろうと思ってしまうのですが、そうではなくて、「月の出、月の入り」とは、月の「中心」が地平線にかかった瞬間を言うそうです。

 三日月の出
Tingenknifetuti1

 なぜ月の場合は太陽と違う基準を採用しているのか、月には満ち欠けの現象があるからです。上のヘリと決めたのでは、三日月のときなどは、ほんの小さな点ですから、観測が難しくなります。月の中心でしたら、三日月の場合でも、この一部から円の中心を求めるのと同じなので、すぐに分かるというわけです。

 月の入り
Img20081113_1_p1

 現代日本の政界は昨日の特別国会で「自民の入り、民主の出」ですが、民主が中天に昇り、国民をこよなく照らす時は来るのでしょうか?



システム英単語ver.2 システム英単語ver.2

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 庭の植物 | トップページ | 野菜の花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

秋になると月がとっても気になります。
太陽のパワーは夏に、月のパワーは秋に強くなると言うイメージを持ってますが、両方ないと大変なことになりますね。
前回のなつめはどのようにして食べられるのですか?
かんそうしますか?
私はあまり料理しませんが薬膳でよく使う食材です。乾燥したのが売られているそうです。
毎日食べると体に相当いいそうです。
kazutyan毎日食べていつまでも若いボディを保ってね

おはようございます♪
長崎は西にあるので日本の中では
日の出は遅く日の入りも遅い・・・
日の入りが遅いので儲かってるような気分でしたが
昼の時間は同じですね
民主党政権期待は高く71%!
みんな期待しすぎ?!

太陽の基準を読みながら、
なるほど~じゃあ月もそうなのかな、
と思ってしまいました。
何故違うか、月の満ち欠け、納得です。

子供たちはお月さまを見るのが大好きです。


いしころとまとさん、そうですね、秋の月は美しく、それだけ存在を大きく感じます。
ナツメは昨年まではそんなに多くならなかったし、乾燥ナツメの作り方も分からないので、生でかじるだけです。

エフさん、そうですね、そちらでは日の出日の入り共に遅いのですね、同じ時間に起きれば早起きの気がするでしょう。
民主党よいマニフェストを掲げ過ぎたようですね、あちら立てればこちらが立たずで、みんなの期待に沿うことは無理でしょう。

かおりんさん、太陽は見慣れていますが、満月の見える時間に大人でも外に居ることはそんなにないので、見ると珍しい気がするものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭の植物 | トップページ | 野菜の花 »