« 庭に咲く花 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

2009年9月23日 (水)

無駄話<どっこいしょ>

 この頃、立ち居につけ、「どっこいしょ」の掛け声がつい出てしまいます。「どっこいしょと言う歳になり」ということでしょう。今まで何事にもアンチエイジングをモットーに臨んで来ましたが、そろそろ「無駄な抵抗は止せ」と言うことでしょう。

 ところでこの「どっこいしょ」という掛け声、どんな由来でどんな意味があるのでしょう。
 これは登山のとき道連れになった修験者の人たちが、法螺貝や錫杖の音とともに唱えているのを聞いたことがある、「六根清浄 懺悔、懺悔」の掛け声の「六根清浄」からきているそうです。

Image112101

 その「六根」とは仏教用語で、人間の持つ六つの器官、眼、耳、鼻、舌、身、意、のことです。その「六根」を清浄にして修行に臨むという意味を込められており、修験者が「六根清浄」と唱えながら山に登るのを、文字も意味も分からぬまま聞いて六根浄(ろっこんじょう)→(どっこいしょう)の掛け声になったといわれます。

 考えてみると、日常、否応なしに眼から耳から六根すべてに嫌なこと汚らわしいことが入ってきたり、自分自身から湧き起こったりします。そのことのために心配したり、腹を立てたり、悲しんだり、反省懺悔したりです。
 
ところが山登りに行くと修験者でなくても、六根に入って来るのは、木々の緑や香り、野草の花の色、空の青さと流れる雲の白さと形、やがては山頂到達の達成感、それらは日常を忘れさせてくれ、六根を清浄にしてくれて、下山してもしばらくは余韻が残ります。

92_719_2

 これからも歳を素直に受け入れて相応の山へ、「どっこいしょ」を連発しながらも「六根清浄」を目標に山登りを続けたいものです。



 システム英単語 システム英単語
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する
前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

« 庭に咲く花 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

言いますね、特に重たい物を持ったりする時は
大きい声で言います、以前山登りに行った時に
「六根清浄」話を聞いたことを思い出しました。

山ちゃんさんも「どっこいしょ」が出ますか、これからは「六根清浄」と言いましょうか。

山登りしてきたんですね。
お若い!!の一言です~~
私山登りする自信ありません。
だってね、トイレが・・・
ところで、インフルエンザがはやってきましたね。鼻やのどは病気の玄関口。
乾燥しがちがこの時期、梨やりんごを食べることで体を潤し、インフルエンザにかからないようにお互い気をつけて行きましょう

山登りですか!お若いですね~!!
写真のどの方でしょう?
ヒントを下さ~い!
私もいしころとまとさんと同じく、
山登りダメです・・・喘息なので、酸素が・・・(汗)
「どっこいしょ」はそういうことだったんですね。私はよく「よっこらしょ」と言ってしまい、
子供に真似されてしまいます(笑)

こんばんは♪
どっこいしょは六根清浄なんですか
記憶しておいて誰かに知ったかぶりして教えましょ
よいっしょっと!と言うと力がプラスされる気がします
きっと目に見えない神さまが力を貸してくれてるんでしょうネ

いしころとまとさん、トイレは花摘みといってちょっと道端の茂みに入って済ませるんですよ、ティッシュなどは持ち帰りです。
インフルエンザは気味わるく広がっていますね、バランスよく栄養を摂って体力をつけておきましょう。

かおりんさん、若くはないですが、ちょっと無理して続けてきたのです。でもう2000M以上の高山は諦めました。
写真、云わぬが花、想像にお任せします。

エフさん、「六根清浄」は山登りの掛け声としてよく合います。登るにつれて心身とも清浄になっていく気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭に咲く花 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »