« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »

2009年10月20日 (火)

無駄話<藪医者>

 近所の方がかかりつけの医者に、胃がんの初期を見落とされて手遅れになり、大手術を受けても、後遺症も残り、「あの医者はあかん、藪や」と怒って話していました。私も先年中耳炎になったとき、すぐに診てもらって治療を受けていながら手遅れになり、もう半日遅れれば脳膜炎になるところ、医院を変わって即手術を受け、危うく命拾いしたことがあり、はじめに診てもらった医者には二度といかないと思い、他人にも話しています。

Mouhitorinojibun21

 お医者さんも人の子、多くの診察には誤診があるのも仕方のないことでしょう。とは言えこの頃は誤診したり手術に失敗すれば、藪医者と言われるどころか訴訟されたり、損害賠償請求されたりで、なかなか責任の重い職業です。

 ところで「藪医者」の由来はどうなんでしょう。
「藪医者」というと技術・能力の劣った医者、下手な医者という意味。藪蛇という言葉から、余計なことをしてさらに悪化させる医者という使い方もあるようですが、なぜ下手な医者が「ヤブ」なのでしょうか。

 昔、病気は悪霊によるものと考えられていた時代は、占い師や祈祷師が治すもので「巫医(ふい)」と呼ばれる「巫女(みこ)」がこれにあたっていたそうです。その中でも田舎のお年寄りの巫医は「野巫医(やぶい)」と呼ばれ、当たらない、効き目が無いことが多かったから、やがて藪医者の由来になったと言われています。

Img_20090110_011

 あるいは少しの風(風邪)でも騒ぎ立てるから、普段は誰も診てもらいに行かないが、風邪が流行った時は人が集まり風の吹く藪のように賑やかになるから、藪の中のように見通しが利かない医者とか、こじつけのようなものを含めると10以上の由来がある藪医者、謎が多いという点では、やはり由来も「藪の中」ということでしょうか。



システム英単語ver.2 システム英単語ver.2

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

藪から棒に・・・ですが
藪医者いっぱいいますね~~。
患者の顔を見ないで、カルテだけ見て、
やるきあんのかよ~~と言いたくなります。
私、お医者嫌いだったんです。
滅多なことないと行かない方なんですが
最近ちょっと信用できる先生に巡り会えたので
これからはちょっとだけ病院とは仲良くしようかな。。と考えております。体メンテナンスしていかないといけない歳になってきたようですから。


いしころとまとさん、こちらから聞いたことしかいわないで、病名もはっきりしないまま、薬ばかり色々だす医者いますね、自身を持って説明してもらえれば、半分治った気がして、薬もよく効きます。

息子が中耳炎の時に診てもらった最初の医者が
藪医者でした。なんの治療もしなくていいというのです。薬もいらないと。ただ毎日通えというんです。他の医者の文句ばかり聞かされ、うんざりしてその足で他の医者に行きました。
その後、入院して鼓膜切開手術をしました。
その藪医者は最近つぶれました!
人として信頼関係が築けないような医者は
こちらからやめることにしています。
医者も選ばないといけませんね・・・。
「野巫医」の語源がなんかしっくりきますね。

かおりんさん、息子さん、私の場合と同じですね、早く他に行ってよかったです、危ないところでした。長引くだけならまだよいですが、命にかかわりますからね、よい医者にめぐり会える運もあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »