« 庭の植物 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

2009年10月 2日 (金)

無駄話<両立>

 今では男性の仕事と思われていた職業に女性が進出して同等以上に活動していますが、やはり匠と言われるような専門職はまだ男性の仕事であり、そして職人気質といわれるように、その職については頑なであり、職以外では役者子供風な場合が多いようです。男性はそれだけ仕事にも一途になれる代わり、他のなにかと両立は下手なようです。

        左脳           右脳
Brain1

 女性に失礼かも知れませんが、その点女性は脳の機能からして、恋と仕事の両立さえうまくやってのけられる能力があるそうです。
 男性の脳はワンチャンネル、女性の脳はマルチトラックだそうです。女性ホルモンのエストロゲンは神経細胞に働きかけ、脳の左右の接続をよくすることが分かっているそうです。

 カナダの研究者サンドラ・ウィルトソンが行った、脳の中で感情が発生する場所をつきとめる実験で、男の感情が右脳の2箇所に集中しているのに対し、女性の感情領域は左右両方に広く分布しているそうです。これからもともと男の脳は専門分野ごとにはっきり区分けされているのが分かり、つまり同時には一つのことしか考えられないように出来ているというのです。

  恋か
Qhm_logo1

 そのため、男は恋と仕事を両立できない人が多いということです。だから仕事のこととなると、恋人や妻のことをすっかり忘れて没頭、それで女性を怒らせてしまうのです。なるほど「思い当たることがある」なんて言ってみたいですが、幸か不幸か仕事にも恋にも没頭の経験は無かったです。

 仕事か
Takemura21

 最近は女性でもキャリアウーマンと呼ばれるような人は、恋も結婚もしない人が多いように思います。やはり男女を問わず深く没頭するものは一つしか持てないようです。
さて仕事か恋かどちらに没頭するのが、人生幸せなんでしょう。



システム英単語Basic (駿台受験シリーズ) Book システム英単語Basic (駿台受験シリーズ)

著者:霜 康司,刀祢 雅彦
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 庭の植物 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は両立苦手です。男脳!?
仕事がノリにノッていた20代は
仕事が一番でしたね。
でも、家庭を持ったら、今が一番幸せと
感じています。
今も仕事もしてますが、両立は女でも難しい
ですね~。前みたいに一途には出来ず、
ある程度妥協しながらです。
「仕事と恋」以上にとりわけ難しいのが
「仕事と子育て」ですね。
仕事をし過ぎては子育て出来ない、
子供が病気しては仕事が出来ない。

バランスを保つよう心掛けたいものです。

かおりんさん、なんでも両立というのは難しいものですね、まだ恋なら又の機会があるかもしれませんが、仕事も子育ても中途半端には出来ませんものね、でも子育ては一番にすべきでしょう。

はい~~私はすべて、てきと~~です。
あまり没頭することありませんね。
マルチも無理だけど、没頭も無理。
だからてきと~にするようにしております。
あまり突っ走らないこと、偏らないこと
それが続ける
秘訣かも?と思いながら。。。

没頭は才能とは言えないかも知れませんが、マルチは才能、いしころとまとさんはマルチですよ、適当でそれなら大したものです。

興味深いお話ですね。私は、そんなこととは知らずに、「夫の脳はワンチャンネル」と思っておりました。夫に限らず、男性はその傾向をもっているのですか。それを知り、安心しました。
さて、私自身はというと、てきと~ですね。何ごとかに没頭するのは、面倒なたちとでもいいますか。何かに集中しつづけられる人がうらやましいです。

バラードさん、男でも女でも没頭で能率の上がる垂直思考の仕事と、多面的で水平思考でないと出来ない仕事があると思います。それぞれ得意部門を選べばよいことです。

こんばんは♪
人間の脳って自分ではどこを使ってるのか
わからないのでつまらないですね~
スケルトンな脳で今使ってるところが赤く
点滅すると面白そうです
相手の脳の点滅具合で心理が読めたりして!
自分の脳も丸見えじゃ心理合戦ですね

エフさん、スケルトンな脳、面白い発想ですね、囲碁対局のような丁々発止の心理合戦となると、疲れるでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭の植物 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »