« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »

2009年10月29日 (木)

無駄話<清水の舞台>

 これは全国的には通じる話でないかも知れませんが、関西では何か思い切ったことを実行する場合とか、高価な物を買うときとか、「清水の舞台から飛んだつもりで」と言います。「清水の舞台から飛ぶ」というのはどれくらいの覚悟がいるものなのか、飛んだ人が居るのでしょうか。

 清水の舞台
71

 清水の舞台というのは京都、清水寺の断崖に張り出した高さ13メートルの舞台のことですが、地獄止めと呼ばれる組み方で釘を一本も使わずに作られています。
舞台と名の付く通り、本来はこの眺めの良いヒノキ造りの舞台で舞楽を奉納するためのものです。

 一方で清水寺がある辺りは昔、鳥辺野(とりべの)と呼ばれる庶民用の死体の捨て場所だったところだそうで、京で伝染病が流行った時はその数も多く、ニオイを避けるために高い舞台を作ったとも言われています
 

 鈴木春信 『清水の舞台より飛ぶ美人』
Haru1
 江戸時代には、この清水の舞台から飛び降りて助かれば願い事が叶う、という信仰があり、実際飛び降りたのは清水寺の「成就院日記」に記録として残っているだけでも234件あり、13メートルという高さで、下に木がたくさんあることから、生存率は85%以上、若い人に限れば90%超えるそうですから、覚悟はいるものの絶対絶命ということでもないようです。

 今年も9月30日夕刻、滋賀県の男子大学生が自殺するつもりで飛び降りたそうですが、全身打撲だけで、命は取り止めたそうです。ご本尊、千手観音のご利益により無碍に死なせてはくれないようです。

 奈良の長谷寺にも同じような舞台があり、「長谷の舞台から飛んだつもりで」という場合もあります。

 長谷の舞台
Haseh41



システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

清水の舞台から飛び降りた人が実際にそんなに
いたなんて驚きです。
でもそういう言葉が出来るくらいですから、
やはり清水の舞台にはいろいろな背景があったんですね。
私も「清水の舞台から飛んだつもりで」
44mのバンジージャンプを経験したことがあります。カウントダウンされるんですが、なかなか
飛べず、5回目でようやくでした・・・

かおりんさん、バンジージャンプをやったとは勇気がありますね、私も冒険は好きですが、あれはちょっと躊躇するかも知れません。

ガマズミ、見ました!!
確かに葉っぱが同じです。
これって小木なんでしょうか?
大きくなったら困るんだけど。。。
家の裏にも鳥が持ってきた糞から木がいつの間にか根付いていて、抜けないんです~~
そして、清水寺、高校の時にいったの
鮮烈に覚えております。
確かに高かった!!
それでもそこから落っこちても死なないんですね。
不思議です~~

いしころとまとさん、ガマズミのあまり大木は見ないです、中木というところでしょうか、剪定して形作ればればいい庭木になると思います。
清水の舞台下に木があるから助かると言いますが、死亡率15%ですから、死ぬ気でなければ飛べませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »