« 庭に咲く花 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

2009年11月 1日 (日)

無駄話<全治と完治>

 交通事故や事件のニュースで、「全治○ヶ月の重傷」などとよく耳にしますが、「完治」というのはあまり聞きません。実は私、今年4月ウォーキング中に右足首捻挫(歩き慣れてないもので、へっへー)、腓骨外果(外くるぶし)を骨折したのですが、幸い腓骨というのは4足歩行時代に必要であった骨であり、2足歩行では不要に近い骨ということでした。

A02506001b1

 それでも折れた傷口がずれると手術をしなければならなくなるからと、6週間はギブスをはめ、後2週間は装具をつけました。ギブスをつけても特殊な靴をレンタルしてもらい、杖も要らずに歩くことができたので助かりました。

 ギブス
83m83u83x82p1

 結局8週間でまだ腫れや痛み、違和感は少しありましたが、医師から「よし、治っています、もう来なくてよろしい」といわれました。「但し完治ではないので無理はしないように」といわれ、全部治ったのではないのか、完治とはどう違うのかと思っていました。

 装具
Brace21

 そして半年過ぎて、今はなんの違和感もなくなりこれを完治というのかなと思い、雑学を調べ「全治と完治の違い」を見つけました。

 怪我の程度をあらわす時に使われる「全治○日」という言葉は「全て治って元通りになるまで」、と思われがちです。もちろんその意味もあるのですが、多くの場合は全治は完治と違い、治療を要する期間の終了のことだそうです。

 例えば全治3週間のケガという時は、3週間は医師の診察・治療を受ける必要があり、その後は日常生活に支障が無く自然に完治するということだそうです。スポーツ選手などの怪我の場合は「元通り動かせる」基準が普通の人と違うため、全治と完治の差は大きくなるのです。

 全治までの
期間は、基本的に医師の経験に基づく判断であり、同じ骨折でも成長期の子供なら1ヶ月、高齢者なら3~6ヶ月ということもあります。ただし、やはり全治という表現は誤解を招きやすいため、診断書などには「○日間の加療を要する見込み」と書いていることもあります。

 今、完治して振り返って、もっとも軽い部類の骨折とはいえ、痛さやギブスの不自由さを知り、やせ我慢ではなく、怪我をした他人を思い遣れる心を持つためのいい体験をしたと思っています。



前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

システム英単語basic システム英単語basic

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« 庭に咲く花 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます♪
骨折って痛いんでしょうね
経験のないことは分かりにくいです
とっても不自由そう
骨折が完治してよかったですね

エフさん、ウォーキングの途中、折れたその場では立ち上がることも出来ず、救急車を呼んで貰おうかと思ったのですが、大げさになるし、しばらくじっとしていると、なんとか歩けたのです。翌日はびっこをひきながらも、どうしても出かけなければならない用があり、翌々日整形外科に行きレントゲンを撮ると折れていたんです。不要骨の骨折ということで軽いものだったのです。

足首の捻挫って、結構~時間が掛かりますよね・・。
サンダルを踏み外して捻挫してから、病院にも行かずに
随分と長く痛い思いをしましたが、この頃ようやく痛みがなくなったみたいです~。
この冬に痛まなければ、完治したと思っていいかな・・。
病院に行っても、湿布薬を貰うだけと敬遠してしまいました・・。
長くは掛かりましたが、自然治癒した感じかな・・。

cocoさん、病院も行かずに治りましたか、病院に行っても治りが早いわけでもないでしょうね、日にちが薬ということですね、私もこの冬に痛みが出ないか、出なければ完治ということでしょう。

4月に骨折されていたんですか!?
大変でしたね・・・
山登りは大丈夫だったのでしょうか?

私も骨折は二度やりました。
インラインスケート中に左肘骨折。
仕事中に看板が顔面にとんできて、鼻骨骨折。

私も、おかげで人の痛みが分かるようになった
いい経験でした。
寒いと左肘がうずきます~

ムリなさらず、お大事にされて下さいね。

かおりんさん、二度の骨折経験者ですか、鼻骨骨折は痛かったでしょう、痛みの程度というのは言葉で表現は出来ませんから「わが身抓って他人の痛さを知れ」ですね、私も寒くなれば後遺症が出るかもと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭に咲く花 | トップページ | ウォーキングコースの植物 »