« 庭の植物 | トップページ | ウォーキングコースに咲く花 »

2009年12月13日 (日)

無駄話<段ボール>

 皆さんよくご存知のあの段ボール箱の段ボール、原料は何でしょう、「実は古い1万円札なんですよ」なんて言うと、「ウッソー、ホントー?」といわれますよね、でも本当なんです。

 日銀本店
1

 これに満載のお札
Busi011

 日本銀行から大型トラックで毎日運び出されるゴミの量、1日に6トンから7トン、その殆どはゴミといってもこのゴミ、ただのゴミではなく、人間の欲望の裏表を見つくし、私たち庶民の血と汗と涙の染み付いたお札なのです。

 2年の寿命とされるお札は穴を三つ開けられ、溶解槽の水流でバラバラにされた後、製紙会社に貰われていゆきます。そこで段ボールなどになって第二の人(札)生を歩むことになるそうです。段ボールが1万円札で出来ていたなんてそんな勿体無いことしているとは想像もしませんでした。

55352111

 景気浮揚のため、寿命のきた1万円札、段ボールなんかにしないで、古くてもいい少し破れていてもいい、せめて半額くらいで歳末大売出しして貰えるよう、藤井財務大臣と白川日銀総裁に陳情してはどうでしょう・・・



システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 庭の植物 | トップページ | ウォーキングコースに咲く花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭の植物 | トップページ | ウォーキングコースに咲く花 »