« 無駄話<竹のハート> | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

2009年12月20日 (日)

ウォーキングコースの植物

 エノキダケ(榎茸)
P1030194_2
P1030193

 栽培エノキダケ
Enokitakejapanesemushroom1

 キシメジ科エノキダケ(榎茸)、何年か前に伐った榎の切り株に生えました、いろいろな木に生えるキノコですが、これは名の通り榎に生えた純正エノキダケです。ユウレイタケ(幽霊茸)といわれる栽培エノキダケと違って、味が濃く歯ごたえもしっかりしていす。鍋物に入れて食べました。 



システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<竹のハート> | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

「山野草」カテゴリの記事

コメント

同じ呼び名のエノキダケ栽培した物とは
形は違うのですね、我家の椎茸この秋は
余り収穫がなかったです。

榎に生えた純正エノキダケ!!
それを食べられるのは限られた人ダケ!!
いいですね~さぞかしおいしいでしょうね~♪

ほんと栽培エノキダケとは全然別モノって感じですね~。

うちの菌床で育てているシイタケは、
もう終わりみたいで寂しいです。

山ちゃんさん、ずいぶん違うでしょう、別の種類のようでしょう、味も違うんです。

かおりんさん、栽培エノキは歯ざわり舌ざわりだけのようですが、天然エノキは味があります。そちらのほうでも公園の林の中にでも探せばあるかも知れませんよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<竹のハート> | トップページ | ウォーキングコースの植物 »