« 無駄話<食べ放題> | トップページ | 無駄話<如月> »

2010年1月31日 (日)

無駄話<おしどりの孤独感>

 出かけた先で偶然、久振りに元職場の同僚に会いました。彼ら夫婦は同じ職場(部署は別)で共稼ぎで、円満でおしどり夫婦、理想の夫婦と羨ましがられ、周りは当てられ放しでした。

Oshidori1

 久し振りだし少し話でもしようかと、喫茶店に入り職場での思い出話などしているうちに、意外や意外、その時始まったテレビドラマを観ながら、彼は奥さんのことで愚痴り始めたのです。それは観るテレビ番組のことからで、以前は二人共、大河ドラマ、朝ドラ、サスペンスドラマ、ノンフィクション、ドキュメンタリー、自然物、旅番組、(スポーツはフィギュアスケートくらい)、など殆ど同じ番組を一緒に観て、同じ感動を共感出来ていたそうです。

 彼は現役時代、夫婦円満の秘訣を聞かれると、それは価値観が同じであることであり、その価値観とは金銭物質的なものもさることながら、感動の共有ができることが先ず一番で、夫婦不仲の原因は性格の不一致なんてよく言うけれど、自分ら夫婦は性格が真逆のところが多いけど、足らないところを補い合ってうまくいっていると、惚気ていたものでした。

 それがこの頃は奥方はテレビドラマは片っ端からなんのかんのとケチつけて、サスペンスドラマや、時代物などは、居間に殺人の話や、刃物や血の映像など持ち込むのはもっての外と、いかにも正当な理由づけで全然観なくなり、ラジオ派、活字派に変ってしまったそうです。彼も前は好きだったサスペンスは避けているが、大河、朝ドラなどNHKものを主に観ている彼の傍で新聞など読みながら、涙もろい彼が感動でウルウルしているのを、ちらちらと軽蔑に近い目で見ているような気がすると言うのです。どんな感動のドラマを観ても、別世界にいるような奥方と感想を話し合うことも出来ないのが侘しく、隙間風のようなものさへ感じると言うのです。おしどり夫婦だっただけにその落差感が大きいのでしょう。

 孤独なおしどり
51

 彼は奥方にも同じ思いをさせているのではという自責の念もなくはないのです。彼は退職後、脳の老化防止にとパソコンを買って、午前中はウォーキングや家庭菜園や庭仕事、午後は殆どパソコンと向かって、囲碁、ゲーム、ブログ、インターネットサーフィンなどに没頭する毎日であり、話題豊富で一日中でも話していたい奥方の話には空返事、そのことは奥方も感じているはず、その報いかも知れないというのです。

 彼がパソコンを買ったときそうなるかも知れないと予想できたので、奥方もパソコン趣味に引き入れようとしたのですが、奥方は「熱中型の自分はめり込んで家事が疎かになるおそれがある」と受け付けなかったそうです。
 私は彼がそんな思いをしているとは思いもよらず、でも他に夫婦共通の趣味は無いのかというと、時々はカラオケも、軽い山歩きも一緒に行くし、花作りも共同でしているというのです。

 彼に、それなら贅沢な話だと言ってやりました。趣味もなく身体も動き難くなり、無言で1日中向き合っている夫婦も多いのだから、我々の齢になればどの夫婦でも同じようなもの、脳の動きが悪くなるにつれ、夫婦お互いに固定観念がより固化してきており、若いときのような順応性はなくなり、それを自分では認識しないまま頑固になり、頑なになっていくのであり、若いときはいざ知らず、余命を数える齢になれば、夫婦夫々に自分だけの世界を持っておくのも、おしどりもやがては独りになることもあるのだから、そのときの自立にも役立つのではないか、お互い孤独感にも侘しさにも慣れておこうと、彼を励まして別れました。



 システム英単語 システム英単語
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する
前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<食べ放題> | トップページ | 無駄話<如月> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ドキツ>>>
なんだか私たち夫婦のことのようで
ビックリしてしまいました。

子供が巣立ち、ふたりだけの生活になると
どんなご夫婦も一度は感じることのようですね。

《孤独なおしどり》になりたくなかったら
お互いを思いやる心を忘れないように・・・
でしょうか??

同じくドキッ!!

夫婦の形はどう変わるか分かりませんものね。
孤独なおしどりも、儚くも凜とした美しさがあり、惹かれます。(ん!?)

我が家も家庭菜園で色んな意見とゆうか
育てる、野菜の違いから意見が食い違います。
偉そうなことはことは言えません、
我が家では私は何も出来ません。

ようばさがしさん、子供が巣立って二人だけになってからこそ、夫婦仲良くが理想ですがなかなかそうもいきません。齢をとって我が強くなるのは身体が元気だからということもあります。病気になるとどうしても気弱にならざるを得ません。

かおりんさんには、ドキッはないでしょう、こんな話は他所事でしょう、意見の違いあるとすれば子煩悩なパパと子供の躾のことでくらいでしょう

山ちゃんさん、やはりありますよね、自分の仕事に口出しされるのは嫌なものです。自分流は通したいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<食べ放題> | トップページ | 無駄話<如月> »