« 無駄話<流氷> | トップページ | 無駄話<天神さん> »

2010年1月24日 (日)

無駄話<回転寿司>

 食べ物の無駄話が続きますが、明日の初天神、28日の初不動を残してもうすっかり正月気分も抜けて、街に出て昼時になると、久しぶりに回転寿司でも食べようかなんてことになる時期です。

 回転寿司は「安いけど不味い」時代は遠のいて、田舎街にもグルメでも一応満足させる味の店が増えてきています。大量仕入れと徹底した合理化で値段を安く抑えているので人気があります。

Uoisshin_021

 回転寿司の売りはお寿司を乗せてグルグルと回って目からも楽しませてくれるコンベヤーですが、あれはもともと製造工場の流れ作業工程などに使われていたものを改良したものだそうですが、ここに秘密が隠されていたのです。

 どのお店にいってもあのコンベヤーの流れの速さは、遅くていらいらもしないし、気忙しくもなくて、好きなネタを選んで取るのに何も違和感も感じません。そのスピードは秒速4センチに設定されているのだそうです。

K998501v1

 これは人間が身近なものが目に入ってから、落ち着いてそれを確認できる速度なのだそうです。この秒速こそ、寿司のネタをしっかり見極めて、手元に取るのに最適な速さだそうです。つまり秒速4センチは心理的にも客に寿司を食べたいと思わせる絶妙のタイミングだそうです。それにまたあのコンベヤーを見ながら食べていると、てきぱきと選んで沢山食べて、早く席を空けなければと思わせて、客の回転率もよくする心理効果も秘められている気がします。



システム英単語ver.2 システム英単語ver.2

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<流氷> | トップページ | 無駄話<天神さん> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

知らなかった!!回転寿司の回るスピード
秒速4センチとは、何もかも研究して作られているのですね、美味しいです回転すし。長いこと行って無い寿司屋さん。

山ちゃんさん、日常知らぬまま済むことにも、ちゃんとした研究結果が隠れているのですね、安いといっても寿司は贅沢感がありますから、そう度々は行けないです。

「寿司喰いて~~」
体調良くなったら、
さっぱりした寿司喰いて~~
もし・・・
席のほうがまわる
回転席だったら、目が回って
寿司食べるところじゃないですね!!

いしころとまとさん、「寿司食いねー、江戸っ子だってねえ」、江戸っ子でなくても、悪阻でなくても酸っぱい飯が食べたくなるときがありますねえ。寿司を選びながら席が回る、面白い発想、コントのネタになりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<流氷> | トップページ | 無駄話<天神さん> »