« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »

2010年1月16日 (土)

無駄話<松の内>

 いよいよ「松の内」は明けて、今日から日常に戻ると言っても、働いている人は今年は正月休みは3日までで、とっくに正月気分は抜けているでしょう。

 「松の内」は松飾りをしておく期間ということで、松の内の期間は関西と関東では違うそうです。松の内は1月7日の大正月(おおしょうがつ)までをさすことが多いようですが、関西地方では1月15日の小正月(こしょうがつ)までを松の内としています。
もともとは小正月までを松の内としていましたが、これが江戸時代頃から1月7日の大正月までを松の内とするようになったと言われてています。

 どんど焼き
468e46ea1_2

 またこの小正月は女正月(めしょうがつ)とも言われており、これは年の暮れから正月「松の内」の間女性は年賀客接待などで休めなかったので、それをねぎらう意味でも女性が骨休めをする日とする場合もあるそうです。小正月15日には7日の七草粥のように小豆粥をつくり、供えてから食べる習慣もありました。

2537e677010228e88f1d804c1191a2a71

 その骨休めの意味からか、当地では昔は「松の内」明けの16日、「ロクイリ(六入り)」と言って、厳しい姑の目を逃れて嫁は遠慮なく実家へ薮入り(里帰り)して羽を伸ばせる慣わしがありました。一緒に連れて行って貰える子供にとっても楽しみでした。
 いろいろな慣わしや行事が消えていくのは侘しいことではありますが、それも時代の流れ、前向きに新しいことに目を向けていくことの方が大事でしょう。



システム英単語Basic (駿台受験シリーズ) Book システム英単語Basic (駿台受験シリーズ)

著者:霜 康司,刀祢 雅彦
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 庭に咲く花 »