« 無駄話<ナポリタン> | トップページ | 無駄話<ニトロ> »

2010年2月26日 (金)

無駄話<投票用紙>

 今年に入って各地で市町村首長や議員選挙が行われていますが、4月に入ると我が町でも町長選挙があり、告示前から選挙運動が激しさを増しています。以後7月には参議院選挙、年末に知事選挙と、選挙の年になりそうです。

20070727yamagata1

 選挙といえば投票用紙、「用紙」と言ってもあれは昔と違って「紙」ではないそうです。
選挙で一票の価値が問われる「投票用紙」、実はこの紙は天然原料の紙ではなくて、「ユポ」という特殊な合成紙で、ポリプロピレンという樹脂を主原料にしたものであり、紙というよりもフィルムという方がその性質から考えると適しているかもしれません。

 このフィルムは耐水性、無塵性、防湿性に優れていて、水にぬれても破れないため、ポスター、地図、水筒などにも利用されているそうです。また繊維のないユポは折れにくいため、折ったとしてもすぐにもとに戻ってしまう性質があります。だから、二つ折りにして投票箱に投函しても、用紙が投票箱のそこにつく頃にはちゃんと開きます、その時間、わずか一秒前後だそうです。

 開票作業
Photo1841051

 開票作業で一番時間がかかるのは、実は集計作業ではなく投票用紙の折り目を開いて読みやすく平らにする作業であり、上質紙を使っていたころは、この作業だけで一時間前後もかかっていたそうです。しわも折り目もない用紙は高速の計数機にも誤動作なくかけられるので、選挙結果が速報としてすぐに出るのは実はこのユポのおかげであり、選挙をかげで支えています。


システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<ナポリタン> | トップページ | 無駄話<ニトロ> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そういえば選挙の投票用紙100%紙の
手ざわりと違うものあれがユポなのですね、
紙の折り目を治すのに一時間もかかっていたのですね、それで最近の選挙結果は早くなったのでしょうか、関係ないかなー

ユポ様に1票投じます♪
形状記憶合金の紙タイプですね。

今日は雨が降り始めました。
冬の間は体がなまりますね。
早く畑仕事して、ダイエットしなくちゃ!

山ちゃんさん、投票用紙は誰でも他人に見られないように小さくたたんで入れますから、折り目伸ばしに案外時間がかかっていたんですね、開票結果は速く出るほどいいです。

いしころとまとさん、こちらも今朝から小雨が続いています。わたしは昨日まで4日くらい空き畠の除草をしました、土がよく乾いていてよく落ちました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<ナポリタン> | トップページ | 無駄話<ニトロ> »