« 無駄話<サプリメント> | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

2010年2月23日 (火)

無駄話<確定申告>

 一年のうちでも一番「税」についての不公平感のつのる確定申告シーズンとなりました。サラリーマン現役時代も年金生活になっても所得税住民税など、抜け目なく天引きされ、控除を受けるためには年末調整や確定申告をしなければならないのに、自営業や会社組織、総理大臣や与党幹事長まで所得の申告漏れや脱税が横行し、摘発されるのは氷山の一角に過ぎず、上手く逃れてほくそ笑んでいる者が多いようなのが腹立たしいです。

Af193a171

 いつも疑問を感じているのは、「脱税」と「申告漏れ」という言葉の使い分けです。申告漏れも意図して漏らしているとしか思えず、脱税とどう違うのでしょう。

 脱税(だつぜい)とは「偽りその他不正な行為」により納税を免れる犯罪であり、かつては、脱税は行政犯罪、あるいは経済犯罪と見られていたのですが、現代は通常の刑事犯と同様に取扱われているそうです。

 計算誤りにより所得が過少となっていた場合や、税法の解釈の誤り、解釈の相違による過少申告、また所得を得ていることを知らなかったり申告手続きが遅れた場合や、その所得が申告すべきものであると知らず(所得税がかからない所得といえば宝くじの当選金くらいしかないのに、申告すべき所得とは知らなかった?)放置していただけの場合は通常脱税の範疇に含まれないものとされ、意図的な所得隠しには当たらない申告漏れとして取り扱われている。

 しかし、こうしたケースの場合でも、大企業や著名人が税務調査により多額の申告漏れを指摘された場合には、報道されるケースが多く、さらには税務調査の結果所得隠しを目的とした仮装・隠蔽の事実が認められた場合は、通常の過少申告加算税に変えて重加算税が賦課される等の差異が設けられている。

O05600560103101283341

 例えば鳩山由紀夫首相が贈与税を申告していなかったことが発覚した後即座に期限後申告した場合などのように、申告漏れ額が巨額であった場合にその事実だけを見て「脱税」という言葉を使用する者が少なからず居ますが、これは多分に国民感情が影響を及ぼしているものであって、単なる失念や税法の判断誤りが主な原因であれば「申告漏れ額が巨額である」という事実のみをもって「脱税」という言葉を使用するのは誤りだそうです。

 脱税であるか否かはあくまで帳簿書類の破棄や隠蔽・虚偽記載、取引先との共謀などといった意図的、計画的で具体的な所得隠しや、そのための工作の有無が争点となるのだそうです。

 一応、「脱税」と「申告漏れ」の定義は決まっているようですが、その運用に疑問がのこります。一国の首相や党の代表たる人が、申告しなければ損をするだけの庶民にとっては、想像を絶する収入があったことを知らなかったなどと言って、単なる申告漏れで済ませて開き直っていることには納得がいきません。



システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<サプリメント> | トップページ | ウォーキングコースの植物 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

確定申告私も頑張ってます。
と言っても、医療費控除の父の申告代行です。
申告しなくては、
医療費控除も戻ってこないので、
領収書の整理とか大変ですが、
毎年しております。
が・・・しない人のほうがほとんどだそうです。
他にも主人の確定申告もしておりますが、微々たる収入から、税金を取られて、
正直者がバカを見る、、、と言う感じです。
2月が来ると、ため息が出てきます。

いしころとまとさん、総理大臣の真似できればいいんですが、天引きされているんですから堪りません。実際要った医療費や保険料を控除してもらうために申告しなければならないなんて、ほんとうに腹立たしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<サプリメント> | トップページ | ウォーキングコースの植物 »