« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 無駄話<日本一低い山> »

2010年2月12日 (金)

無駄話<タクシーメーター>

 知人から聞いた話ですが、彼がある街でタクシーに乗ったとき、ターンの出来ない細い路で、うっかり目的場所を指示し損ねて100M以上も行過ぎて仕方なくバックしてもらったところ、バック途中でワンメーター上がってしまって損をした、バックならメーターが下がるのかと思っていたというのです。

800pxtaximator1

 それも虫のいい話ですが、一理あるともいえるので、もとタクシー会社に勤めていた人に聞いてみると、タクシーのメーターは基本的には、走った距離によって計算しているのですが、決められた速度(各社違うが、大体時速10㎞くらい)より遅く走るとその分は時間で計測され、渋滞や待機の時はこちらの方法で加算するようになっており、バックのときは普通10キロ以下だから、「時間計測」されるので、バック途中でメーターがあがることもあり得るそうです。

 またメーターには時計を内蔵していて、走行中でも時間がくれば深夜割増料金へも自動的に切り替わり、高速道路に入れば、押ボタン操作で通行料加算もされ、もっぱら距離のみの計測になるそうです。

 こういう話も聞きます、駅から家へタクシイーを利用するといつも家の前で停まる瞬間ワンメーター上がるので、少し手前で停めてもらったが、やはり停車瞬間にワンメーター上がってしまった、逆に家へ来てもらって駅まで行ったときは上がらない、あれは運転手が何か操作をするのではないかと思うという話です。

2004031817391

 そんな操作は出来ないそうですが、そういう感じを持つ人も多いので、疑惑をなくするために、新型のタクシーメーター(料金パネル)は、バーグラフのような表示部分があって、走行するにつれてバーが伸びていっていっぱいになったらワンメーター上がるといった、途中経過の様子がお客さんの目にも見えるようになっているタイプもあるそうです。どうせなら10円単位くらいで表示してくれたらいいのにと思います。


システム英単語Basic (駿台受験シリーズ) Book システム英単語Basic (駿台受験シリーズ)

著者:霜 康司,刀祢 雅彦
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する


« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 無駄話<日本一低い山> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうそう!メーターが上がる時って、ドキドキしますよね・・。
タクシーの事件とかも最近は増えてきて、運転手さんは大変ですよね・・。
理不尽なことが最近多くて、遭遇していないことが幸いなんですが・・。
身近にいくらでもあり得ることだし、怖い世の中です・・。

cocoさん、早くストップを言い過ぎたり、言った途端にワンメータ上がったり、なかなか上手くいきませんよね、大した額でもないのに損をした悔しさが残ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーキングコースの植物 | トップページ | 無駄話<日本一低い山> »