« 無駄話<石焼芋> | トップページ | 無駄話<春眠> »

2010年3月23日 (火)

無駄話<刺身>

 中東カタールの首都ドーハで開かれていた、野生動物保護のためのワシントン条約 第9回締約国会議で、EUから提案されていた黒マグロの禁輸案が、日本の根回しで秘訣されマグロ好き、寿司好きの日本人は一先ず安堵しました。でも今後も再三提案されるだろうし、「野生動物保護」という大義名分を掲げられると、日本もトロの刺身や寿司に舌鼓を打ってばかりは居られないようです。

Nvav2fba1

 マグロと言えば刺身ですが、「刺身」という言葉の字面だけ見るとどうも物騒で穏やかな呼び名ありません。海に囲まれた日本でh、新鮮な魚が手に入るからこそ出来る刺身ですが、ところでこの刺身という字、単なる魚の切り身がなぜ「刺す」なのか。昔は串に刺して食べていたのでしょうか。

 日本人が魚の刺身を食べるようになったのは室町時代の中期頃だそうで、鮮度を維持する技術がなかった当時、殺菌力のある酢であえた膾(なます)で食べていたそうです。その後、天然氷を使って運びだすと、今のような刺身を食べられるようになったのです。

283341831

 とは言っても、刺身の状態では一部の人しか食べられない高級品、切り身の状態でも魚の名前が分かるように、ヒレやエラの部分を切り身に「刺して」おいたことから「刺身」と呼ばれるようになったといわれています。

11516741

 一方で切り身の「切る」が「縁を切る」や「人を切る」に通じるために、呼び換えたとも言われていますが、「刺身」という表現も忌み嫌われて「お造り」と表現している地方もあります。料理人のセンスによる造形の美を感じさせる刺身の盛り付けや舟盛り美しさは、「お造り」という呼び名がふさわしいと思います。



システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<石焼芋> | トップページ | 無駄話<春眠> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

黒マグロの禁輸案が秘訣されたのですね、やはり
日本人は刺身や寿司の生魚が好きです。
日本以外の国でも刺身が流行って生魚食べているとかテレビで見ました。
刺身よりお造りの方が聞いたほうも
心地いいです。

黒マグロの禁輸案が秘訣されたのですね、やはり
日本人は刺身や寿司の生魚が好きです。
日本以外の国でも刺身が流行って生魚食べているとかテレビで見ました。
刺身よりお造りの方が聞いたほうも
心地いいです。

山ちゃんさん、外国人にはマグロを好きになってもらわないほうがいいのですが、旨いものはやはり万国共通になるのでしょうか。

美味しそうなマグロの刺身ですね。
私は中トロが大好きで、お寿司は最後の最後に
中トロを食べる方です。
お造りと言う言葉は確かに上品。
日本人ってほんと言葉の使い方が上手だな、
と思ってしまいます。

いしころとまとさん、日本人には寿司、刺身はご馳走ですよね、伝統の食に関わることまで外国に左右されることは心外ですよね、外交力でなんとかして欲しいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<石焼芋> | トップページ | 無駄話<春眠> »