« 無駄話<続日本一低い山> | トップページ | 無駄話<日本一短い川> »

2010年3月 3日 (水)

無駄話<桃の節句>

 今は孫も大きくなってしまって、雛祭りのことも他所事のようになっていましたが、花屋の店頭には桃の花が出ていて、3月3日「桃の節句」に気付きました。

D0029716_20938421

 桃の節句の起原は大変古く平安時代に遡るそうです。昔の日本には五つの節句「人日(1月7日)・上巳(3月3日)・端午(5月5日)・七夕(7月7日)・重陽(9月9日)があり、当時この行事は貴族の間では、それぞれ季節の節目の身のけがれを祓う大切な行事だったそうです。その中の一つ「上巳(じょうし)の節句」が後に「桃の節句」となります。

 平安時代、上巳の節句の日に人々は野山に出て薬草を摘み、その薬草で体のけがれを祓って健康と厄除けを願いました。この行事が、後に宮中の紙の着せかえ人形で遊ぶ「ひいな遊び」と融合し、自分の災厄を代わりに引き受けさせた紙人形を川に流す「流し雛」へと発展してゆきます。

0420011l1

 室町時代になるとこの節句は3月3日に定着し、やがて紙の雛ではなく豪華なお雛さまを飾って宮中で盛大にお祝いするようになりました。その行事が宮中から武家社会へと広がり、さらに裕福な商家や名主の家庭へと広がり、今の雛祭りの原型となっていきました。

800pxhina_matsuri_display1

 ひな祭りは、高貴な生まれの女の子の厄除けと健康祈願のお祝いとしての「桃の節句」が、庶民の間にも定着して行ったお祝いです。ですから単なるお祭りではなく、お七夜やお宮参りと同じく女の赤ちゃんのすこやかな成長を願う行事だそうです。

 それにしては「端午の節句」は、国民の祝日、「子供の日」と名前が変わり、男の子だけの節句ではなくなったようで、武者人形飾りも鯉幟も見ることが少ない気がします。



システム英単語 Ver.2 Book システム英単語 Ver.2

著者:刀祢 雅彦,霜 康司
販売元:駿台文庫
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前置詞がわかれば英語がわかる Book 前置詞がわかれば英語がわかる

著者:刀祢 雅彦
販売元:ジャパンタイムズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 無駄話<続日本一低い山> | トップページ | 無駄話<日本一短い川> »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄話<続日本一低い山> | トップページ | 無駄話<日本一短い川> »